気軽に答え

21 の用例 (0.00 秒)
  • 何げない質問に気軽に答えられないということは、何かがある。 森瑤子『カサノバのためいき 世にも短い物語』より引用
  • 運転していた局の男も「いいでしょう」と気軽に答えてくれた。 梶尾真治『精霊探偵』より引用
  • 駄目でもともと、そう思っていたのに、案外気軽に答えてくれるものだった。 今野緒雪『マリア様がみてる 32 卒業前小景』より引用
  • 「うん、君の考えている以上のことですな」と、ヴァンスが気軽に答えた。 ダイン/瀬沼茂樹訳『カナリヤ殺人事件』より引用
  • その相談の答えが見つかった方は、このプロジェクトに参加していなくても、気軽に答えをついかしていっても構いません。
  • 重要でないんなら、気軽に答えられるでしょ? 森瑤子『少し酔って』より引用
  • ようやく彼の言葉の意味をった香澄は、かなり落胆しながらも、案外気軽に答えた。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 私がわりと気軽に答えたので、いったんシートベルトを締めてしまってから、女は話しかけてきた。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • 東野は「ようこそ」と気軽に答え、霞はもう一度、名前だけをいって頭を下げた。 渡辺淳一『ひとひらの雪(下)』より引用
  • 谷尾は気軽に答えた。 泡坂妻夫『亜愛一郎の転倒 (亜愛一郎シリーズ2)』より引用
  • 若いのは、調理場との境のハッチのところに片肘かたひじをかけ、ひざを貧乏ゆすりしながら気軽に答えた。 半村良『下町探偵局PART1』より引用
  • 男は、気軽に答え、圭一の顔に眼を向けた。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 辛口であることを除いてはワインの属性よりもシャンペンのそれにより近いフランス産のその一口をレスも口に含みながら気軽に答えた。 中村正『元首の謀叛』より引用
  • 「儂ですか、儂はここにいなかったら、鳥鹿島とがしまの別荘に身を潜めてますわい」斎藤は気軽に答えた。 大藪春彦『血の罠(v1.0)』より引用
  • ヨークタウンの艦長、バックマスター大佐は、いとも気軽に答えた。 豊田穣『ミッドウェー戦記』より引用
  • イリヤも気軽に答えた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『10 空飛ぶスラッシュ』より引用
  • と、気軽に答えた。 泡坂妻夫『亜愛一郎の転倒 (亜愛一郎シリーズ2)』より引用
  • 久吉は気軽に答えた。 三浦綾子『海嶺(中)』より引用
  • 晃は気軽に答えた。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 朝倉は気軽に答えて帳簿をひろげた。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用