気軽に楽しめる

39 の用例 (0.00 秒)
  • さくまが「原点である子供から大人まで気軽に楽しめるボードゲームを作りたかった」という想いをタカラトミーアーツが汲むという形で実現したものである。
  • ビンテージオフロードの雰囲気をもたせた車体に、扱いやすく街乗りからトレッキングまで気軽に楽しめるスポーツバイクとして発売された。
  • これまでのクルーズでは常識とされてきたテーブル指定制など、「様々な制約のなかで楽しむ」という伝統的で保守的な考え方を一変し、もっと自由にもっと気軽に楽しめる新しいクルージングのスタイルである「フリースタイル・クルージング」を提唱している。
  • 江戸末期になると、武家の教養として作法が固まっている抹茶の茶の湯を嫌い、気軽に楽しめる茶を求める声が町衆から出てきた。
  • このバイクは、どんな場所でも、どんな乗り方でも、気軽に楽しめる「フリーライド・プレイバイク」というコンセプトの元に開発された。
  • なお、『レオン』『ニキータ』のような暴力的な作風は当時フランスで起こったバブル経済へのアンチテーゼとして描かれたもので、2008年以降の世界的な不況下においては、誰にでも気軽に楽しめる愉快な作品を目指している。
  • 吹きガラス、トンボ玉作りなど、気軽に楽しめるガラス工芸体験から、本格的に作品を作り上げるガラス工芸講座などができる。
  • 「スニーカーのように気軽に楽しめる音楽を」と言うコンセプト「スニーキーサウンド」を立てて活動した。
  • トレーニング記録をつけることのできる毎日もっとえいご漬け、気軽に楽しめるお試しもっとえいご漬け、ほかの人にお試し版を配信できる通信もっとえいご漬けの3つのモードがある。
  • 「CINEMA 3D」の由来は、映画館で3D映像を見るときに使われる紙やプラスチックでできたシンプルなデザインの3Dメガネでも3D映像が気軽に楽しめるようにと命名された。
  • 上方人情喜劇を気軽に楽しめる機会を一般に提供し、さらなる上方喜劇の普及・発展を目指している。
  • それらの作品群は「ネオかぶき」と銘打たれ、高尚になり、堅苦しく難解なイメージになってしまった歌舞伎を、昔のように誰にも気軽に楽しめる最高の娯楽にするべく『歌舞伎の復権』を目指している。
  • また本製品は、同社の高性能、ハイパフォーマンスを特徴とした他商品ラインナップとは一線を画した商品であり、気軽にスマートフォンや、facebook上で気軽に楽しめることに重きが置かれている。
  • 新しい産地であり、また、ロワールワインそのものが、安価で、気軽に楽しめるワインが多いこともあり、ワイン解説書などにもほとんど出ていないが、ディスカウントのワインショップなどを中心にぼつぼつ売られるようになってきており、味わいは価格相応といったところである。
  • スイスのネスレ社、リンツ社、カイエ社やイギリスのキャドバリー社、ロウントリー社、アメリカのハーシー社などの大チョコレート企業が誕生し、安定して大量生産された規格品チョコレートの供給によりチョコレートの価格は下がり、一般市民が気軽に楽しめる菓子となっていった。
  • 松坂屋本店や名古屋パルコ、大須商店街などが徒歩圏にあり、都心でのショッピングを気軽に楽しめるマンションである。
  • 自らを「ネオかぶき」と称し、高尚になり、堅苦しく難解なイメージになってしまった歌舞伎を、 昔のように誰もが気軽に楽しめる娯楽にすること、いわゆる「歌舞伎の復権」を目指している。
  • 八王子市民が気軽に楽しめる「くらしのなかの美術館」をめざし、2003年10月18日に開館した。
  • 室町時代に、和歌の連歌の表現を滑稽・洒脱にして、より気軽に楽しめるようにした文芸が、「俳諧連歌」、もしくは「俳諧の連歌」と呼ばれ、栄えた。