気軽に楽しめる

39 の用例 (0.00 秒)
  • 泥で汚れることもなく、虫も付きにくいため、室内でも気軽に楽しめる。
  • 施設コンセプトは、「三世代が気軽に楽しめる素敵生活創造館」である。
  • 一般の人が気軽に楽しめるように作られていて、4つのステージでは異なる年齢層・性別の人もプレイできるように考えて作られている。
  • また、当時爆発的な人気を呼んでいた格闘ゲームの影響も随所に見られ、短い時間で気軽に楽しめる作品や、キャラクター性の強い作品を多くリリースするという点でも人気を集めた。
  • 内容は家庭や学校、職場などで誰もが気軽に楽しめるゲームで、笑いのあふれる内容だった。
  • 日本には1980年代に紹介され、日本ユニカール協会を中心に高齢者や障害者も気軽に楽しめるニュースポーツとして普及活動が進められている。
  • ホールは基本的には18だが、コースによってはそれ以下の場合もあり、ちよっとした空きスペースにコースを造って気軽に楽しめるようにしてある。
  • 特にディスクゴルフやフリーテニスなど従来のスポーツをより気軽に楽しめるニュースポーツができる施設があるのが特徴である。
  • この特徴により、ドライビングシミュレーターの性格は大きく失われているが、ドリフト走行に本来要求される知識や技術が緩和され、気軽に楽しめるゲーム性を得ることに成功している。
  • いっぽう、テレビ・ラジオ・ビデオなどでの観戦は自宅で気軽に楽しめるメリットがある。
  • 「日常の食事」というコンセプトのため、コースでも200元からと気軽に楽しめる。
  • そのため、仲のいい友人や同性愛の仲間と少人数で開くことができるので、自由に予算が設定できたり、好きな音楽だけを流せたりするなど、公式のプロムより気軽に楽しめることもアンチ・プロムを開く大きな理由となっている。
  • 店舗に設置する場合は、親子などで気軽に楽しめるように「キッズメダルコーナー」としての区画を作り、ほかのメダルゲームとは分けて配置するのが一般的である。
  • アート書道は、作品を商品化した時点で商業書道の分野に入るとも言えるが、そこには広告的な方法論はもとより、伝統書道にみられる高度な技法の習得も必要とせず、自分の感性のままに創作されるものであるため、本格的な書家ではなくても趣味として気軽に楽しめるものであり、若い世代を中心に広まっている。
  • 気軽に楽しめるフランス料理店を紹介し、日本における「敷居の高いフランス料理店」というイメージを変えるというコンセプトから、掲載店は快適度・豪華度がスプーン・フォーク2つ以下の店の中から選ばれ、これまでの日本版には掲載されていなかった星なしのレストランも掲載された。
  • 日本国内でも、安価な完成車で気軽に楽しめる1/32に市場がシフトしてきており、プラスチック製の組み立てコースを組んだ商業コースが各地で増えつつある。
  • 本作ではノックダウンシリーズのシンプルなゲーム性を引き継ぎ、安全性の向上とスコアに対するランク付けを細分化することで、誰もが気軽に楽しめるゲームとなった。
  • ひもを使った、現在のプルスターターの原型のような機構も、エンジンモデルを気軽に楽しめるようにする工夫の表れであった。
  • 「音楽は楽しむもの」という信念のもと、人々にクラシック音楽を楽しく・気軽に楽しめるように、各種ユニークな演出を試みながら指揮・演奏をするスタイルをとっている。
  • パークゴルフのようにルールがうるさくなく気軽に楽しめるので、高齢者だけではなく、成人男性も参加している。
  • 次へ »