気軽に応じ

30 の用例 (0.00 秒)
  • 笑助は、その言葉に気軽に応じて畳半畳を使った踊りを披露した。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • といって、私たちは、まるで知らない人間の招待に気軽に応じたわけではない。 赤川次郎『滅びの庭』より引用
  • 自分の誘いに気軽に応じてくれない晋平を想像していた、というわけでもなかった。 小池真理子『薔薇いろのメランコリヤ』より引用
  • 挨拶や写真撮影にも気軽に応じてくれる。
  • ミスナー・ケイは気軽に応じ、自分から進んで、ふたりの腕に腕をからませた。 眉村卓『不定期エスパー2』より引用
  • 対談終了後、例によってミーハーに記念写真をせがむ私にポールは気軽に応じてくれた。 柴門ふみ『男性論』より引用
  • 若い女にサインを頼まれると気軽に応じて、スター気取りだった。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • 見ず知らずの人間との面会に気軽に応じてくれるのが、安藤にはうれしかった。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 通訳兼ガイド兼運転手の青年は、気軽に応じてくれて、車を歩道に乗り上げた。 米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』より引用
  • 相手の方から切り出したので、こちらも気軽に応じた。 近藤絃一『したたかな敗者たち』より引用
  • 彼女は僕の唐突な決心に、不自然なほど気軽に応じた。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • 楽屋口での所謂「出待ち」にも気軽に応じ、ファン・サービスの精神が旺盛な指揮者と言えるだろう。
  • このタネあかしは、福沢自身でしているが、写真屋の娘にいっしょにとらないかといったら、気軽に応じたというだけのことだ。 大宅壮一『炎は流れる2 明治と昭和の谷間』より引用
  • 木塚もこれに気軽に応じ、マンツーマンで木塚独自の戦法の伝授をしたという。
  • 特にファンへの接し方は高く評価されており、サインにも気軽に応じ、時には試合のチケットをプレゼントしていた。
  • 他の男性からの申し込みにも気軽に応じるが、その際、本命の恋人がいることを口にしないのはもちろん、そぶりもいっさい見せない。 青木雨彦『男のためいき女の寝息』より引用
  • だが、あまりに気軽に応じてくれた晋平が不可解だった。 小池真理子『薔薇いろのメランコリヤ』より引用
  • 多くの店舗はハウステック取次店となっており、新築・リフォームの相談にも気軽に応じている。
  • やあやあ、と偶然、乗りあわせたように見せかけ、列車食堂に誘うと、旅の途中とあって気分が楽で、役人も気軽に応じて、ビールを飲みながらの世間話の中に、公共事業のスケジュールの情報などを取っていたそうだ。 南里征典『麻布憂愁夫人』より引用
  • 荒波という人物の性格なら気軽に応じるだろう。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • 次へ »