気軽に声

72 の用例 (0.00 秒)
  • 私、気軽に声けちゃったんだけど、私を見たふたりの顔ってなかった。 藤田宜永『野望のラビリンス』より引用
  • 道を歩いて、困っている人を見かけたら、気軽に声をかけて助けてあげる。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • なにかをいいたいときにも、気軽に声をかけるって訳にはいかない。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • あまりにも真剣しんけん様子ようすなので、とても気軽に声などかけられそうになかった。 賀東招二『フルメタル・パニック!03 揺れるイントゥ・ザ・ブルー』より引用
  • 無関心を装っているわけではなく、美人過ぎて気軽に声をかけられないのだ。 三雲岳斗『レベリオン 第01巻』より引用
  • 中学の頃に比べると、女子が気軽に声をかけてくるようになった。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常①』より引用
  • こいつは、いつも俺が苦しんでると 気軽に声をかけてくれたな。 きゃんでぃそふと『つよきすACT C』より引用
  • いろいろきたいことはあるのだけど、今は気軽に声をかけられる雰囲気ふんいきじゃない。 野村美月『文学少女シリーズ12 “文学少女”見習いの、傷心。』より引用
  • それをいうなら、彰洋が波潟の娘に気軽に声をかけるはずもない。 馳星周『生誕祭(上)』より引用
  • どこか深刻そうな気配がただよっていて、気軽に声を掛けられるような雰囲気ではなかったように思う。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • ところがテレビ・ドラマでは、旅の女性が困惑しているのを見て、気軽に声をかける。 阿刀田高『三角のあたま』より引用
  • だからといって、道行く女性に気軽に声をかけられるタイプでもない。 有栖川有栖『あるYの悲劇』より引用
  • 普段ふだんなら気軽に声をかける他の傭兵ようへいたちも、ハイアのその様子に遠慮えんりょをする。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • 今度お店にきたら気軽に声をかけて下さい。 高橋克彦『星の塔』より引用
  • それからはA、Bランクの男の子にも気軽に声をかけることにした。 群ようこ『無印良女』より引用
  • 家康は、そばに控えていた小姓の井伊万千代に気軽に声をかけた。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • なにかご予定されていたことが不意にキャンセルになってしまったようなときがございましたら、お気軽に声をかけてください。 姫野カオルコ『終業式』より引用
  • 今日はバイトの時間ではなかったが、中にいる職員しょくいんたちはニーナに気軽に声をかけてくるだけだった。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス09 ブルー・マズルカ』より引用
  • 気軽に声をかけながら室内に入っていく。 米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』より引用
  • 気軽に声をかけると、おずおずと布をめくり、騎士が入って来た。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • 次へ »