気軽に乗れる

6 の用例 (0.00 秒)
  • ニュータウンや集合住宅の出現により住環境が変化し、重量物を運ぶことを主な目的とした実用車から、それまであまり自転車に乗らなかった女性でも気軽に乗れるミニサイクルを中心としたシティサイクルへと自転車の主役が代わる過程とも重なっていた。
  • ミライースは昨今の環境意識や低価格志向の高まりを受け、誰もが気軽に乗れる『第3のエコカー』をコンセプトに開発された。
  • 上級クルーズブランドを三ツ星級レストランと例えるなら、カーニバルはファーストフード店のようなノリとサービスでしかないが、気軽に乗れるという利点もある。
  • また、トランスミッションも5速MTから初採用の乾式7速DSGに置換されたことで、オートマチック限定免許を所持のユーザーにも気軽に乗れるように配慮された。
  • レーサーレプリカ全盛期において、気軽に乗れるバイクとして企画されたが、キャストホイール全盛の時にスポークホイールを採用したデザインと、数万円足すことで同じスズキの4気筒モデルスズキ・GF250が購入できたことから値頃感に欠け、販売量は低迷した。
  • レーサーレプリカ全盛期に、敢えて気軽に乗れるオートバイというコンセプトの下、カウルを持たせないシンプルな外観を持つ。