気軽な雑談

6 の用例 (0.00 秒)
  • 十秒のタイムラグがあるので気軽な雑談はできないのだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • その中に交じって立っていた明子も、そこにいた懇意こんい令嬢れいじようたちとは、さっきから気軽な雑談を交換こうかんしていた。 芥川龍之介『舞踏会・蜜柑』より引用
  • その中に交つて立つてゐた明子も、其処にゐた懇意の令嬢たちとは、さつきから気軽な雑談を交換してゐた。 芥川竜之介『舞踏会』より引用
  • これもやはりざあざあ雨の降る晩でしたが、私は銀座のある倶楽部くらぶの一室で、五六人の友人と、暖炉だんろの前へ陣取りながら、気軽な雑談に耽っていました。 芥川竜之介『魔術』より引用
  • これもやはりざあざあ雨の降る晩でしたが、私は銀座のある倶楽部くらぶの一室で、五、六人の友人と、暖炉だんろの前へじん取りながら、気軽な雑談にふけっていました。 芥川龍之介『舞踏会・蜜柑』より引用
  • その夜、べーカー街の自室で葉巻をくゆらせなから気軽な雑談をかわしていた時に、シャーロック・ホームズがいった。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用