気軽な調子

37 の用例 (0.00 秒)
  • なぜか彼女は、つとめて気軽な調子で話そうとしているようであった。 カー/平井圭一訳『黒死荘殺人事件』より引用
  • 借りていた漫画を返すみたいに気軽な調子だったので光則もはいよと受け取ってしまう。 田中哲弥『大久保町の決闘』より引用
  • 男は気軽な調子でそう言うと、急に、二本の棒から手を離した。 川又千秋『時間帝国』より引用
  • 平次は安請合いと思われても仕方のないような、気軽な調子でこんな事を言います。 野村胡堂『銭形平次捕物控 01』より引用
  • 「いや、おわかりにならんでしょう」彼は気軽な調子でいった。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • 彼は客間へ降りて行くあいだに気軽な調子で独語した。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • 私はできるだけ気軽な調子で、こちらから名のって出た。 モーム/龍口直太郎訳『月と六ペンス』より引用
  • その返事はあまりに気軽な調子だった。 松本清張『空の城』より引用
  • エンリコはその場の様子を眺めると、気軽な調子でいった。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • 和服姿の男は、気軽な調子でその横道に入って行った。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 4) ゴールドういろう』より引用
  • 彼はそれに答えたが、彼女が興奮しているのを見てとって、その気分をまぎらわせようと努めながら、競馬の準備の様子をとりわけ気軽な調子で話しはじめた。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 八五郎は、平次が懐紙に集めた少しばかりの砂糖を持って、相変らず気軽な調子で飛んで行きます。 野村胡堂『銭形平次捕物控 17』より引用
  • 彼は気軽な調子で訊いた。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 彼はそれに答えながら、彼女の沈んだ様子を見て、その気をひき立てるために、きわめて気軽な調子で、競馬の準備についての細かいことを語りはじめた。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(上)』より引用
  • 出合頭であいがしらのつもりかなんぞの、至極気軽しごくきがる調子ちょうしで、八五ろう春重はるしげまえちふさがった。 邦枝完二『おせん』より引用
  • 黒いマントを羽織はおったトラップが、なんともお気軽な調子でいった。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第6巻 大魔術教団の謎(下)』より引用
  • と、こちらはいとも気軽な調子で返答することにした。 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』より引用
  • その村山の、ひどく気軽な調子に、ついつりこまれた二三の青年が、すぐに応じて立ち上った。 安部公房『飢餓同盟』より引用
  • 気軽な調子でそういいながら、マリオンを玄関口へと追いやったその裁き方は、じつに手に入ったものであった。 カー/平井圭一訳『黒死荘殺人事件』より引用
  • ジュリアンはもうだいぶ世故せこけていたので、相手の示す気軽な調子にすっかりだまされているように見せねばならぬと直感した。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • 次へ »