気軽い調子

4 の用例 (0.00 秒)
  • 私は何か気軽い調子で返事をしてやりたいと思いながら、彼女の方をふり向いた。 堀辰雄『風立ちぬ』より引用
  • そして、いかにも気軽い調子でその女は信吉に云った。 宮本百合子『ズラかった信吉』より引用
  • 呉一郎の横頬を見ながらニッコリとして、消えかかった葉巻を吸立てつつ、気軽い調子で口を開いた。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • と、いかにも気軽い調子でいうのです。 横溝正史『蔵の中・鬼火』より引用