気持ち良い

全て 形容詞
39 の用例 (0.00 秒)
  • あの電車内にいた人は、今日という日を気持ち良く過ごせた事でしょう。 沖田雅『先輩とぼく 04』より引用
  • 君が家に帰った時に気持ち良くいられるんなら、そのくらいはするさ。 柴田よしき『Close to You』より引用
  • 大江戸おおえどの空には、今日もさまざまなモノが気持ち良さそうに飛んでいた。 香月日輪『大江戸妖怪かわら版② 異界から落ち来る者あり 下』より引用
  • 自慢話や苦労話をしたい、気持ち良く聞いてくれる相手が必要なのである。 森博嗣『少し変わった子あります』より引用
  • 彼は外国のことなど、一言も母が訊こうとしないのが気持ち良かった。 横光利一『旅愁』より引用
  • これからは彼とする時でも、本気で気持ち良くなっていこうと思いました。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • 気持ち良いとか心地好いと表現するだけでは飽き足らない何かがあった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode TWO』より引用
  • 外はまだいい加減むし暑かったが、空気は店の中よりは気持ち良かった。 口有介『ぼくと,ぼくらの夏』より引用
  • 彼女は気持ち良さそうに笑いながら、大きな目でこちらを見上げた。 片山憲太郎『紅 第04巻 ~醜悪祭~ (下)+公式ファンブック 書き下ろし小説 「祭の後」』より引用
  • 少しだけ冷たいアルクェイドの手が、火照った俺の手に気持ち良かった。 奈須きのこ『歌月十夜 20 夢姫』より引用
  • 気持ちのいい時間は、面倒なことを考えずに気持ち良くすごせばいい。 樋口有介『夏の口紅』より引用
  • 離れた場所から聞いても、その音はどうも気持ち良い音ではない。 宇佐美游『調子のいい女』より引用
  • さらに気持ち良くなったのはいいけど これじゃ出てしまう。 きゃんでぃそふと『つよきすACT C』より引用
  • 太い腕にある人魚のイレズミが、気持ち良さそうに陽ざしを浴びている。 喜多嶋隆『湘南レッド・シューズ』より引用
  • 気持ち良くしてくれるたびに、あなたのことがもっと好きになる。 夏石鈴子『家内安全』より引用
  • あとはもう痛みはなくて気持ち良さだけがあるものなの。 奈須きのこ『月姫 温かな午睡(秋葉・トゥルーエンド)』より引用
  • それは実に気持ち良さそうなマコナー氏十年ぶりの破顔大笑はがんたいしょうだった。 有沢まみず『いぬかみっ!11』より引用
  • いやだと言う母の赤い唇が、そのままぽっかりと気持ち良さげに開いたのが見えた。 小川内初枝『緊縛』より引用
  • 気持ち良さに気づいたのはいつのことだったでしょう。 飛鳥部勝則『バベル消滅』より引用
  • 高い所は苦手なのに、落ちていくその感覚が、とても気持ち良かった。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • 次へ »