気持ちいい

全て 形容詞
674 の用例 (0.02 秒)
  • 何も考えられないぐらい気持ちいいのか、秋葉は俺の姿を見なくなった。 奈須きのこ『月姫 温かな午睡(秋葉・トゥルーエンド)』より引用
  • そのかわりあたしは、俊が気持ちいいと思うことのすべてをしてあげた。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • 当然男にしかないんだが、どうしてここがそれほど気持ちいいんだろうか。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • おれは戦闘服を身につけ、気持ちいい冷気に包まれながら、成果を見た。 菊地秀行『トレジャー・ハンター09 エイリアン京洛異妖篇』より引用
  • 先にも書きましたが、女性は、男性よりも気持ちいいことが大好きです。 岩月謙司『男は女のどこを見るべきか』より引用
  • そして、女性は、気持ちいいものを自分の心と体に取り込もうとします。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • 身体はつかれているけど、気持ちいい疲れだし、仕事はちゃんとやれたし。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常④』より引用
  • 今この、気持ちいいっていうのが、本当のことじゃなくちゃ山口は嫌だ。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』より引用
  • 心の気持ちよさは、肉体的気持ちよさよりも何倍も気持ちいいからです。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • 俺、絶対にここで横になるのが気持ちいいって、昼間から目をつけていたの。 川島誠『800』より引用
  • ここまではっきりしていると見ていて気持ちいいものがあるね。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第04巻』より引用
  • わたしの体は、どんなに気持ちいいものか、奥さんに教えてあげてもいい。 夏石鈴子『バイブを買いに』より引用
  • ほんとの家庭に近づいてゆくと思うと、もう一度気持ちいい痛みがくるわ。 モンゴメリ/中村佐喜子訳『赤毛のアン』より引用
  • 気持ちいいもの、気の張るものは、どこか別のところにあったのだろうか。 鷲田清一『てつがくを着て、まちを歩こう ―ファッション考現学』より引用
  • 貴子は両手をあげ、ああ気持ちいい、と伸びをしているような動作をした。 宮部みゆき『鳩笛草(光文社文庫)』より引用
  • 親不知四本抜きなど、やったことはないが、気持ちいいに決まっている。 宮沢章夫『茫然とする技術』より引用
  • その次は触診しょくしんらかい手で身体からだ中をまさぐられてちょっと気持ちいい。 秋山瑞人『ミナミノミナミノ (電撃文庫)』より引用
  • るいも口なんて初めてのはずなのに、 気が遠くなるほど気持ちいい。 暁works『るいは智を呼ぶ① 皆元るい』より引用
  • でも、実際に上に立ったら、一番先に風が気持ちいいと思いました。 平安寿子『くうねるところすむところ』より引用
  • それはもちろん全裸を人に見られるのが気持ちいいからに決まってるじゃないか。 松野秋鳴『えむえむっ! 第04巻』より引用
  • 次へ »