気分を落ち着ける

20 の用例 (0.00 秒)
  • 気分を落ち着けるために深呼吸をしながら、僕は心の中で呟いていた。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 冷静にうふりをして、前を向いている間に気分を落ち着ける。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅠ Side ColorsⅡ』より引用
  • 少しでも気分を落ち着けたくて、煙草を取り出し火をつけた。 小川勝己『葬列』より引用
  • ようやくそのことを認識して、気分を落ち着けた。 吉村達也『憑依 ―HYOU・I―』より引用
  • 命中騒ぎのあと、みんな気分を落ち着けるため酒を飲みはじめたそうだが、これがまずかった。 近藤紘一『サイゴンのいちばん長い日』より引用
  • ゆっくりと気分を落ち着けて飲むはずが、つい何度もカップに唇をつけたり離したりするまりを見て、琴美が小さく笑う。 円まどか『ソルフェージュ~Sweet harmony~(web小説)』より引用
  • 秋葉は、気分を落ち着けるためか、いつもの紅茶を口にした。 奈須きのこ『歌月十夜 20 夢姫』より引用
  • 細巻をくわえた彼はそれを吸って気分を落ち着けた。 佐藤大輔『皇国の守護者1 反逆の戦場』より引用
  • セシルはまだ何か言いたそうだったが、パーンの言葉に納得なっとくしたのか、シーリスから目をそらして、気分を落ち着けさせるように残った水を一気にあおった。 水野良『ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上)』より引用
  • ようやく気分を落ち着けて啓太けいたが恐る恐るたずねた。 有沢まみず『いぬかみっ!11』より引用
  • 気分をけるためである。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第01巻』より引用
  • 深く深呼吸をして、なんとか気分を落ち着けた。 奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』より引用
  • そして、ようやく気分を落ち着けて背筋を伸ばしたとき、数十メートル先の木陰から、自分のほうを見ている『眼』と出合った。 吉村達也『憑依 ―HYOU・I―』より引用
  • なんとかして気分を落ち着け、極度の注意をはらいながら、かれはその起爆装置を解除した。 ハインライン『地球の緑の丘』より引用
  • 彼は気分を落ち着けると、後ろのエアタンクに手を伸ばし、腕を捻ってレギュレーター・バルブをつかみ、それを予備の方にまわした。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔下〕』より引用
  • マウスをコロコロコロコロコロコロコロコロ転がしてなんとか気分を落ち着けた。 宮谷シュンジ『絶望の世界 2希望の世界』より引用
  • 雪子は、気分を落ち着けるために深呼吸をした。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • しかし、おしまいには、気分を落ち着けて下さい。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • そして、いくらか気分を落ち着けて、受話器を持ち直した。 鈴木光司『リング』より引用
  • 主に、脳に直接働きかけ、脳のリラックス系の神経受容体「BZD受容体」に結合することで、不安を和らげたり、気分を落ち着ける精神安定剤である。