気候や土壌

23 の用例 (0.00 秒)
  • 北アメリカの東部では気候や土壌、また伝染病などの関係でよく育たない。
  • メソポタミアでは気候や土壌的にブドウの栽培が困難なため、多くは輸入されたものであった。
  • 気候や土壌にもよるが一般に成長は遅く、花を咲かせるまでに数十年を要するものも多い。
  • 他の農作物では気候や土壌が合わず採算性が低いためである。
  • 農作物の生育には、地域の気候や土壌との適合性が重要である。
  • 気候や土壌が農業に適さないため、アッパー半島の経済は主に林業と鉱業で支えられてきた。
  • また、遷移の進むスピードは、構成種や生物群の成長速度、気候や土壌など様々な条件に左右されるため、上でも述べているが、非周期的な進行である事が多い。
  • ただし、樹木の定着や成長は気候や土壌の状態などの環境にも影響されるため、必ず陰樹が優占するようになるわけではない。
  • 畜産は気候や土壌のせいで農作物の栽培が現実的でない地域では特に重要であり、世界には3000万から4000万人の牧畜民がいる。
  • フランスのアルザスやブルゴーニュ地方に気候や土壌が似ていることから、同じような品種のブドウが栽培されている。
  • スコヴィル値は同じ種であっても系統や生育地の気候や土壌により10倍あるいはそれ以上の差があることがあり、トウガラシに特に顕著である。
  • 開発のコンセプトとしては、次のような観点から気候や土壌などそれぞれの土地柄に合っていること、すなわち現地適応性が模索される。
  • 当時の黒部川扇状地は市場から遠く、寒冷な気候や土壌の保水力が弱いことが要因だとしている。
  • 気候や土壌を初めとした、それぞれの地方の自然条件を生かすように開発された「地方自治体開発の酒米」を原料として日本酒を醸造するときに、もっとも清酒酵母としての力が発揮されるように、開発の段階から想定もしくは理想としている場合がほとんどである。
  • この研究は、東北地方から北陸地方にかけての砂丘地帯の開拓過程について、気候や土壌などの自然要因と歴史や経済など人文要因の双方から分析したものであり、尾留川の研究の代表作の1つである。
  • 気候や土壌の条件はオレゴンの中でも非常に多様性に富み、ペレニアルライグラスなどの特殊な作物まで幅広く栽培されている。
  • しかしこの品種は、ミクロ・クリマと呼ばれるほんのわずかな気候や土壌などの違いにより、香味が微妙に変わるため、畑や村ごとに、希少価値の高い個性的なワインが作られるのである。
  • このため、多国籍種苗会社といえどもすでに実績のある種苗を輸出するためには、その種苗に適した類似の気候や土壌の地域に限られる。
  • ここでは、都道府県の試験研究機関、すなわち農事試験場、醸造試験所などで、気候や土壌を初めとした、それぞれの都道府県の自然条件を生かすように開発された酒米の品種をさす。
  • アラビカコーヒーノキの育成には気候や土壌などの影響が大きく、気候の変化や病害にデリケートな品種である。
  • 次へ »