気付く者

39 の用例 (0.00 秒)
  • 浩志がロビーを抜けて行くと、まだカメラマンやTV局の人間がそこここに残っていたが、誰も気付く者はいない。 赤川次郎『やさしい季節 下』より引用
  • 番組最後まで複数の犬を使っていることに気付く者は外部におらず、これを一頭の犬と思いこんだ某県警から一度、「警察犬として使いたいのでカールの種をくれないか」と申し出があったという。
  • 乗車ホームからは見ることができないので気付く者も少ないが、ホーム中央下に0kmポストがある。
  • だが、棍であれだけ打たれても、それほどいていない帰書文の異様いようさのせいで、彼の芝居気に気付く者はいなかった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編03 名誉を越えた闘い』より引用
  • また、H形鋼の積み間違いという、致命的な作業ミスをしていることに気付く者は誰一人いなかった。
  • 辺境の地で、自分と同じように神聖術行使権限の秘密に気付く者が現われるのではないか、と。 九里史生『SAO Web 0404 第七章01』より引用
  • 誰も茂夫だと気付く者はなかった。 豊島与志雄『同胞』より引用
  • このような好況により、銀行に起こりつつあった不正や創出された経済バブルに気付く者はほとんどいなかった。
  • 当時この不幸に気付く者はおらず、彼の「言い間違い」を報じるためだけに多くのジャーナリストが外遊に同行した。
  • 新潟県民の中でも、とりわけ新潟市を中心とする下越地方と、長岡市を中心とする中越地方の在住者の間では長年にわたって浸透しており、中には県外に出て初めて「新潟だけの食べ物」と気付く者もいる程である。
  • 新治郎の選挙をよく手伝っていたことから、後援会関係者からは「次女を後継者に」と言う声も挙がる一方で、次女の精神疾患に気付く者はいなかったという。
  • 間違っても、私に気付く者はいない。 岩井志麻子『楽園(ラック・ヴィエン)』より引用
  • 眠りの精がとうに人々のまぶたに砂をき終えたこの時刻、時ならぬトラックの放列がまき散らす振動と騒音に気付く者はごくわずかだった。 水無神知宏『鋼鉄の虹 装甲戦闘猟兵の哀歌』より引用
  • ダイン・ウァリスの陣地は、彼等の眼前に端から端までハッキリ見通せ、しかも向こうは誰一人、こちらに気付く者はいない。 コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(下)』より引用
  • 参拝者数人あれども、気付く者なし。 赤江瀑『正倉院の矢』より引用
  • しかし、携帯電話の通じる山小屋では知人への電話が多くなり、下山後思わぬ出費になることに気付く者や、給料からの天引きで割高な小屋のビールを毎日飲んだ結果、給料支払い時にその金額の大きさに気付く者などもいる。
  • 新庄市内の居酒屋でもメニューとして鶏のモツ煮込みを出していたところ、いつの頃からか、一部の常連客がラーメンと鶏のモツ煮込みを同時に注文して食べるようになり、その食い合わせの妙に気付く者が現れた。
  • 万俵大介をはじめとする一族の人たちは霊柩車に従って火葬場に向い、わずかに居残っている人たちは、広間の祭壇の取り片付けや、おびただしいしきみ供花くげのあと片付けに追われ、告別式が行なわれた広間から隔たった庭にいる三雲の姿に気付く者は誰もいない。 山崎豊子『華麗なる一族 下』より引用
  • だが、ネオン街の雑踏の中に密航や偽造パスポートによる不法入国者が紛れ込んでいることに気付く者はまずいまい。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用