気付く様子もなく

8 の用例 (0.00 秒)
  • こちらに気付く様子もなく、ペースを変えずに、信号を渡っていく最中である。 西尾維新『猫物語(黒)』より引用
  • それに気付く様子もなく、チュデルキンはさらに金切り声を喚きたてた。 九里史生『SAO Web 0405 第七章02~転生Ⅱ』より引用
  • 床に落ちたライターはコロコロと転がったが、男はそれに気付く様子もなく足早にその場を離れていく。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • しかし、そんな心情に気付く様子もなく、アラベルという姓らしい小柄な少女は、どこか必死そうな口調で続けた。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 異形の巨獣は、上空の見物人に気付く様子もなく、ゆっくりと歩行を続けている。 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用
  • 明日奈の葛藤に気付く様子もなく、京子は早口で話し続ける。 九里史生『SAO Web 外伝04 絶剣』より引用
  • 黒雪姫の接近に気付く様子もなく、仮想のアルコール飲料をもう一度あおり、叫ぶ。 川原礫『アクセル・ワールド 10 -Elements-』より引用
  • ハルユキをおそった突如とつじょ焦燥しょうそうに気付く様子もなく、トモコは「冷めるまで待ってくださいね」ともう一度微笑み、引き返していった。 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用