気を落ち着ける

29 の用例 (0.00 秒)
  • と私は無理に気を落ち着けて、風船の山を上から下へと調べていった。 海野十三『柿色の紙風船』より引用
  • 老高官はちょっと顔まで赤らめて、気を落ち着けるがいいとつぶやいた。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(下)』より引用
  • しかしこう自分に言いきかせて気を落ち着けるだけの余裕はまだ彼女にあった。 モーリアック/遠藤周作訳『愛の砂漠』より引用
  • ちょいと世間話でもして、気を落ち着けてから行こうと思ったのだ。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • 適当に返事をして、気を落ち着けるためにポケットからタバコを取り出した。 滝本竜彦『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』より引用
  • よし、と気を落ち着けて目の前の二人に後ろから声をかける。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • 気を落ち着けてドアの前に倒れてる死体を見に行こう。 小池真理子『第三水曜の情事』より引用
  • それが気を落ち着ける時の癖だということを萌は知っている。 林真理子『野ばら』より引用
  • 頬にはまだほんのりと赤みが残っていたが、なんとか気を落ち着けたらしい。 白瀬修『おと×まほ 第02巻』より引用
  • わたしはすすりきをしてしまったあとで、やっと気を落ち着けることができた。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • 僕はひと晩じゅうこうして坐っていたが、気を落ち着けるどころの騒ぎではなかった。 クラウフォード・フランシス・マリオン『世界怪談名作集』より引用
  • 若者はびっくりしたが、すぐに気を落ち着けて、女房を呼んだ。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(下) アジア・アフリカ・アメリカ』より引用
  • 少し気を落ち着けてこの先のことを考えたかった。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • セント・ジョンはわたしに、気を落ち着けるのですよ、ともいった。 シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(下)』より引用
  • して見ると、気を落ち着けて、冷静に眼を据えて待っていたらよいということになる。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(下)』より引用
  • 長いこと彼は気を落ち着けることができなかった。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(下)』より引用
  • そうして、やっと気を落ち着けた時には、譫言うわごとのように口を動かしていたように思う。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • フレデリックは混乱しながら、気を落ち着けようと深く息をする。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第12巻 紳士の射止めかた教えます』より引用
  • 上条は意図的に深呼吸して気を落ち着けると、その事については考えないようにした。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第02巻』より引用
  • 無理に気を落ち着けようとしながら、ルパンはまた言いだした。 ルブラン/山辺雅彦訳『水晶の栓』より引用
  • 次へ »