気が済まない

337 の用例 (0.01 秒)
  • 長年の職業習慣で各新聞の報道ぶりを確認しておかなければ気が済まない。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 然し蠣太のは知っていても一度は訊いて見ないと気が済まなかったのだ。 志賀直哉『小僧の神様・城の崎にて』より引用
  • 彼は桃か桜か、そのひと枝を大事に守っていなければ気が済まなかった。 岡本綺堂『両国の秋』より引用
  • 何故だか一通り学校を見てみないと気が済まない気分になっていた。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 自分は点頭録てんとうろくの最初に是丈これだけの事を云つて置かないと気が済まなくなつた。 夏目漱石『点頭録』より引用
  • もうこうなったら、これくらいの打撃だげきは与えてやらねば気が済まない。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集03 自慢にならない三冠王?』より引用
  • 代わりといってはなんですが、女の子は格好良くないと気が済まない。 喬林知『今日からマ王 第05巻 外伝 「閣下とマのつく土佐日記!?」』より引用
  • こういうものまでも一と通りは眼を通さなければ気が済まなかったらしい。 内田魯庵『鴎外博士の追憶』より引用
  • 子供にられたことにしておけばいいが、それじゃどうも気が済まない。 魯迅『阿Q正伝』より引用
  • あの目にみつめられて、みえない鞭に打たれないでは気が済まなかった。 三浦哲郎『真夜中のサーカス』より引用
  • あたってもはずれても、考えるだけは考えなければ気が済まないのであった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 何しろ食べつけていて、何を食べてもこれがなくては気が済まないからね。 佐藤正彰訳『千一夜物語 06』より引用
  • 内にいては気が済まないし、 来ても仲間には這入られないのだもの。 ゲーテ/森鴎外訳『ファウスト(上)』より引用
  • こんな所まで消防のほうでも調べはすまいが、自分の気が済まなかった。 赤川次郎『招かれた女』より引用
  • どんな小さいことであっても、把握はあくしておかなくては気が済まない性格だ。 今野緒雪『スリピッシュ! 03 ひとり歩きの姫君(前編)』より引用
  • 欲しいと思ったものは、どんなことをしても手に入れないと気が済まないんだ。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • 誰もいないことはわかっていたが、そういわないと気が済まなかったのである。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • いったん始めるとなると、完璧かんぺきにやらねば気が済まない性質であった。 川又一英『ヒゲのウヰスキー誕生す』より引用
  • ここから出られたら、自分の手で犯人に復讐してやらなくては気が済まない。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • 自分が正しいと思えば、何処だろうと誰であろうと一言言わないと気が済まない。
  • 次へ »