氏は元々

41 の用例 (0.00 秒)
  • 種橋氏は元々斯波氏の被官だったが、丹羽氏の伸長に伴い家臣化した。
  • 岡部藩安部氏は元々、武蔵国岡部に陣屋を置く5千石の旗本であったが。
  • 若林氏は元々下野国の豪族で、室町時代初期より前に大友氏に仕えた。
  • 津軽氏は元々、南部氏の分家・大浦氏であったが大浦為信のときに独立した。
  • 佐野氏は元々佐野の北部にある唐沢山城を拠点としていた。
  • 遊佐続光の遊佐氏は元々守護代として所領を支配してきた畠山家の重臣であった。
  • 丹羽氏は元々斯波氏の家臣であったが、長秀は天文19年から織田信長に仕えた。
  • 宗家の伊勢氏は元々室町幕府政所執事の家として礼法に精通していた。
  • 加藤氏は元々伊勢国を本拠としていた。
  • 吉羽氏は元々は成田氏の家臣で、後に甲斐姫の父である氏長の子を奉じて幸手に移り住んだという。
  • 甘氏は元々周国武王が三男叔帯を甘侯に封じ、そこから甘氏ができた。
  • 眞氏は元々百済の 8大姓の一つだった。
  • 安東氏は元々陸奥津軽十三湊付近を根拠とし、蝦夷地との交易を中心とした海上交通に従事する海の豪族であった。
  • 安東氏は元々陸奥津軽十三湊付近を根拠とし、蝦夷地との交易を中心とした海上交通に従事する海の豪族であったが、南部氏との戦いに敗れ勢力範囲であった蝦夷地に渡った。
  • 野間氏は元々尾張国野間荘を根拠とする一族で、文安年間に野間重能が安芸国に所領を得て移住した。
  • 昌氏は元々中国の氏姓で黄帝の息子昌慧の後裔と言う。
  • 長井氏は元々毛利氏の祖、大江広元の次男長井時広を初代とする大江氏の一門であった。
  • 小幡氏は元々上野の国人であった。
  • 紀成盛の一族、紀氏は元々中央の官人であったが伯耆守として赴任後、土着して在地領主となった。
  • 禅哲の岡本氏は元々岩城氏の家臣であったが、岡本妙誉の代から佐竹氏に仕えるようになった。
  • 次へ »