氏の墓所

23 の用例 (0.00 秒)
  • また、武田氏滅亡後の徳川氏時代の代官である平岡氏の墓所も存在している。
  • その付近には香川氏の墓所と伝える場所も残っている。
  • 樹林のあいだからのぼってみると、そこに白米山氏の墓所があった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 06』より引用
  • 境内南側には熊谷氏の墓所があり、50基あまりの古い五輪塔・宝筺印塔がある。
  • なお、東京都新宿区の曹洞宗宗参寺に牛込氏の墓所がある。
  • 景行は入道して宗叔と号しているが、明智光安は宗宿と号していて類似しており、また景行より前と以降で明知遠山氏の墓所が異なることも根拠となるという。
  • 墓地奥に江戸時代大名であった石川氏と大久保氏の墓所が並び、正面向かって左に石川氏7名・右に大久保氏9名の墓がある。
  • 加賀藩の藩主であった前田氏の墓所である。
  • また寺域内には岩国藩主吉川氏の墓所である、吉川家墓所が存在し、こちらの名のほうが有名である。
  • 足利氏の菩提寺であり、足利尊氏の墓所としても知られる。
  • 尾羽寺の一画に宇都宮氏の墓所があり、33基の石塔が縦四列に並んでおり、それらは宇都宮氏初代当主の藤原宗円から33代当主の宇都宮政綱の墓塔であると認識されている。
  • この道の途中に、故・室原知幸氏の墓所がある。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 山内には姫路藩本多氏の墓所である本多家霊所があり、本多忠刻に仕え殉死した宮本武蔵の養子宮本三木之助などの墓もある。
  • 益子町の地蔵院で宇都宮氏の墓所にある戦国大名宇都宮成綱、宇都宮忠綱の五輪塔が被害を受けた。
  • 尊氏の死後、別院北等持寺は尊氏の墓所となり、その名前を「等持院」と改称した。
  • 平賀氏の墓所はこの御薗宇城から北西500mにあり、平賀氏の菩提寺であった明道寺の跡にある。
  • 真田氏の墓所である長谷寺墓碑には天正20年5月20日とあり、同寺の過去帳には文禄2年8月1日とあり、1年余の差があるがこの頃に没したものと思われる。
  • また鬼怒川以東は宇都宮氏の郎党・紀清両党が統治し、益子氏の居館があった益子西明寺には宇都宮氏の墓所も現存する。
  • その後利家本人もここに葬られ前田氏の墓所となり、さらに家臣、町人、百姓など身分、宗派に関わらぬ墓地となった。
  • 手島屋敷の北方100mの丘陵麓に宝篋印塔が10基、五輪塔20基程度が設置されており、中世の竹原小早川氏の墓所と推測される。
  • 次へ »