氏の回想

28 の用例 (0.00 秒)
  • 同様な証言はチチハルでソ連軍参戦を迎えた大心池洋氏の回想の中にもある。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 勝又氏の回想によるとペットのサルを抱いて甲板に上がってきた者がいた。
  • 同じころ、私は佐藤幸徳氏の回想録が原稿のまま保存されていることを知った。 高木俊朗『抗 命 インパールII』より引用
  • 引渡しは8月14日とする資料が多いが、ここでは田口氏の回想に基づく。
  • 浅本氏の回想記には具体的な作業内容が書いてある。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 野沢恒夫氏の回想記に次のような内容の記述がある。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 同じ氏の回想文によれば、三島はテラスに出て半裸のまま遅い朝食をとっていた。 村松剛『三島由紀夫の世界』より引用
  • かれらに教誨師の藤原慧皎氏が付添っていたが、氏の回想記がその記録書にのっている。 吉村昭『東京の戦争』より引用
  • 氏の回想記から大連での生活を紹介する。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 三ツ木氏の回想通り、ソ連を批判して追放になる。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • とくに、佐藤幸徳氏の回想録には、そのような差違が散見された。 高木俊朗『抗 命 インパールII』より引用
  • 岡書院の社長であった岡茂雄氏の回想記に、「本屋風情ほんやふぜい」という本がある。 戸板康二『新々ちょっといい話』より引用
  • 前述したように同新聞はコワレンコ少佐の指揮下にあり、内容はソ連側によって厳しくチェックされていたことは、編集部で働いていた小針延二郎氏の回想で紹介した通りだ。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 一年ほど前に、わたしが王室図書館でルイ十四世の歴史について調べていたとき、ふと『ダルタニャン氏の回想録』という本に目がとまった。 アレクサンドル・デュマ/江口清訳『三銃士(上)』より引用
  • 「東大紛争百七十三時間の軟禁」と題する林健太郎氏の回想の中で、林氏は機動隊導入の問題についてこうのべている。 佐々淳行『東大落城 安田講堂攻防七十二時間』より引用
  • 軍医だった山川速水氏の回想はもっと具体的だ。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 「北東方面海軍作戦」の記述や阿武隈副長・斎藤弥吉氏の回想にあやまりがないとするなら、キスカ撤収作戦の一方の立役者であった有近六次氏は、戦後、手記の中で大事な問題にいくつか嘘をついている。 阿川弘之『私記キスカ撤退』より引用
  • その三島が、矢代静一氏と太宰を訪ねた時のことが、野原一夫氏の回想にも、矢代氏の自伝にも出て来る。 戸板康二『新々ちょっといい話』より引用
  • ソ連刑法、裁判のやり方については項を改めて書くが、小原氏の回想記によると「ハルビン学院出身の若い見習士官、野村光男君も二十五年だった」とある。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 松岡がジュネーブへ「はじめからぶちこわすつもりで行ったとは思われない」とは随員の一人、一等書記官吉沢清次郎氏の回想でもある。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 次へ »