氏が城主

43 の用例 (0.00 秒)
  • はるかのちには、子孫である大庭氏が城主として数代支配することになる。
  • 松原氏が城主になったことから、蒲公英城は松原城と呼ばれることになった。
  • しかし、戦自体は最終的に北朝側の勝利に終わった為、柿崎氏が城主に復帰した。
  • したがって、このころ太田荘の島津氏が城主であったことは間違いないとされている。
  • 宇都宮乗綱ら伊予宇都宮氏が城主を務め、落城後は禅門に入ったという。
  • 湯築城主の河野氏と同族で、中野殿と呼ばれる河野氏が城主を務めた。
  • 当初は福島氏が治めていたが、のちに今川氏に服する小笠原氏が城主となった。
  • この為、尼子十旗中の第一とされ、松田氏が城主に当てられた。
  • 関ヶ原の戦いの後、川勝秀氏が城主となるがその後廃城となった。
  • なお、国分氏が城主の時代の城下町の系譜を引くのが、現在の国分町である。
  • 室町時代には能島城の支城で、奥谷氏が城主であったが天正年間に落城した。
  • 永正元年には鷲頭氏が城主となった。
  • 与良城主与良氏は安田氏が城主になったのを契機に与良氏を称したのが起源ともいわれる。
  • 今川氏と同盟関係にあった武田氏が同盟を破棄し今川領国への侵攻を開始すると、武田勢は富士氏が城主を務める大宮城を攻撃するようになる。
  • その後大永4年になって北条氏綱が江戸城を落城させた後は北条氏の家臣である遠山氏が城主となっていた。
  • 江戸時代に入ると、豊岡藩として杉原氏が城主となっていたが、三代・重玄に嫡子なくして無子改易となり、一旦廃藩となったため、豊岡城は廃城となった。
  • 同地に尾張守護 斯波氏の一門たる平田氏が城主を務めるという。
  • また大胡城は横瀬国繁によって攻略されたと伝わり、益田氏が城主となったという。
  • 尼子氏・毛利氏が城主であった時代の姿は、定かではないが、尼子氏の館は里屋敷とよばれ菅谷口にありまわりに侍屋敷を設けたとされる。
  • 幕末まで亘理伊達氏が城主として亘理郡と宇多郡の一部を治めた。
  • 次へ »