毛利元就

696 の用例 (0.01 秒)
  • この時親の子孫から後に中国地方の戦国大名となる毛利元就が出ている。
  • しかしこの時は武田氏の救援に来た毛利元就の攻撃を受けて敗北している。
  • 毛利元就による中国支配への契機となった厳島の戦いもこの時期である。
  • 永禄元年、降露坂の戦いで毛利元就の攻撃を受けて温湯城を攻められる。
  • 嗣子がいなかったため、毛利元就の六男である元倶を養子として迎えた。
  • これを機に信直は武田氏から離反し、毛利元就に属することになった。
  • 彼女が毛利元就の人格形成に大きな影響を与えたことは確かである。
  • 翌一五五七年にはいよいよ毛利元就が山口を占領し、大内義長は自殺した。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 毛利元就は下から成り上るヽヽヽヽヽヽヽという大勢を最もよく具現した人の一人である。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 毛利元就自身が自らの姿を彫ったものとされる木像を神体としている。
  • 叔父の毛利元就八男の元康と九男秀包は大谷吉継の北陸軍に編入させた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 毛利元就が自分の子孫は天下を望むべからずと遺言した事は有名な話である。
  • また、武勇だけの人間ではなく、毛利元就の側近として政務を担当した。
  • その頃、三村家親は同盟相手であった毛利元就と共に対尼子戦に参加していた。
  • 後に毛利氏の家臣となり、毛利元就の娘を妻として一門衆となった。
  • これは毛利元就以来の先例をまとめ上げたものと言われている。
  • それを姓として名乗らせるとは、毛利元就もなかなか洒脱しやだつな男だった。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • 明応6年に毛利元就が生まれたのも、この鈴尾城であったと言われている。
  • 当地は戦国武将毛利元就の居城吉田郡山城があったところで有名である。
  • 図柄の由来は中国地方を統一した武将毛利元就の「3本の矢」の教えから。
  • 次へ »