比す

全て 動詞
234 の用例 (0.00 秒)
  • そこへ矢庭やにはさけをあほつたこととてさけりやうして非常ひじやう酩酊めいていをしした。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 53 20080623』より引用
  • 西洋人の軍事学の常識に比し、日本知識人のそれはあまりに劣っている。 石原莞爾『戦争史大観』より引用
  • 第二・四折本に比して三百行近く少く、全体で三千五百行になっている。 シェイクスピア/福田恆存訳『ハムレット』より引用
  • 正常人に比し低下していたとはいえ、その能力を保有していたのである。 佐木隆三『深川通り魔殺人事件』より引用
  • 英語版の記事数は他の言語版に比して常に圧倒的な量を保持してきた。
  • しかし野生の動物の持ち味に比すべくもないことは勿論のことであろう。 佐藤垢石『季節の味』より引用
  • 彼は自分をいま大きな戦闘に半ば勝利を得たばかりの将軍に比した。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • ビルの大きさと比して、その生物の大きさは信じがたいものであった。 田中芳樹『創竜伝 第03巻』より引用
  • それは易教・詩教・書教に比しては、十分な力を有つた論文ではなかつた。 内藤湖南『章学誠の史学』より引用
  • 北支那人は南支那人に比して、遙に長い年月の間、異族の支配を受けた。 桑原隲蔵『歴史上より観たる南支那の開発』より引用
  • ニキビだらけだが、年に比して鋭い眼を持ったお店者たなもの風の若者であった。 山田風太郎『明治十手架(下) 山田風太郎明治小説全集14』より引用
  • 名の変更は氏の変更に比して比較的広く認められているとされる。
  • 第一、第二の犠牲者に比して創口きずぐちはすこし上方にのぼっているのだった。 海野十三『省線電車の射撃手』より引用
  • この隣組は工場地帯にあり他地域に比して遥かに多くの爆撃を受けてきた。 坂口安吾『予告殺人事件』より引用
  • これを他に比せんとしても、これにまさる何物をも発見し得ないからだ。 北大路魯山人『河豚は毒魚か』より引用
  • 今日の吾人は古代に比し、若くは原人に比して大なる幸福を有して居る。 幸田露伴『努力論』より引用
  • また他のライダーに比して高回転域まで使用することでも知られた。
  • それは新大陸の発見ヽヽに比して決して劣ることのない重大な発見ヽヽなのである。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • あの威張り返った母親に比して彼女は何という親しみ易い人だったろう。 浜尾四郎『彼が殺したか』より引用
  • その時流れた涙の温度をノスタルジアのそれに比して明かにしてゐる。 平野万里『晶子鑑賞』より引用
  • 次へ »

比す の使われ方

比す で始まる単語