毀誉褒貶の激しい

10 の用例 (0.00 秒)
  • 伝記は毀誉褒貶の激しい書物となったが、その功績は極めて大きい。
  • 自身が毒舌家であることから毀誉褒貶の激しい人物であり、批判されることも多い。
  • この伝記はモリエールについて研究する上で資料的な価値は極めて高いが、毀誉褒貶の激しいこともまた事実である。
  • 彼は毀誉褒貶の激しい人生であったが、いわゆる大器晩成で、最後の数年に4枚のLPを録音しブラジル音楽を語る上で外すことのできないと評される不朽の名作を残した。
  • 毀誉褒貶の激しいピンク四天王と異なり、ピンク七福神は当初から営業戦略として生み出された言葉と言われている。
  • 昏君を演じていた劉輝や王の側近である絳攸らの尽力によって官吏となるも、州牧に大抜擢されたかと思うと冗官に落とされるなど、毀誉褒貶の激しい人生を送る。
  • 落語家としての全盛期の実力に対する評価は概して高いものの、直情径行な性格により数々の過激な争いを起こし続けており、敵を作ることも厭わない「暴れん坊」ぶりもあって、毀誉褒貶の激しい人物でもある。
  • 菊田の主張に肯定的な立場からは「信念の人」「気骨の人」「死刑廃止運動の父」などと評価されるものの、否定的な立場からは「犯罪被害者をなおざりにする人でなし」とみなされており、日本の法学者の中では極めて毀誉褒貶の激しい人物の1人である。
  • 毀誉褒貶の激しい人だった。
  • 日向徹は若くして時価総額3000億円のベンチャーIT企業「NEXT INNOVATION」を率いる社長であり、天才と評されるが傍若無人で毀誉褒貶の激しい人物である一方、母に捨てられた心の傷を密かに抱えている。