毀誉褒貶が激しい

6 の用例 (0.00 秒)
  • シュタティウスは、その裕福さのために毀誉褒貶が激しい人物である。
  • その一方、社会主義社会においてとかく硬直的になりがちだった文化政策がフルツェワのおかげで豊かになったとする評価もあり、その評価は毀誉褒貶が激しい。
  • 三木は極めて毀誉褒貶が激しい政治家であり、評価が定まっていない、ないしは評価の難しい政治家とされる。
  • あくの強い性格と捉える意見も多く、毀誉褒貶が激しい。
  • 「策士」または「国士」と呼ばれ没後も毀誉褒貶が激しい人物だが、その権力の源泉は軍人や官僚、政財界との結びつきだけではなく国際社会で勢力を伸展させながらも孤立の道を進む日本の変化を捉えていた点にあり、複雑な面を持つ。
  • ファーマーは毀誉褒貶が激しい作家だった。