毀れよ

2 の例文 (0.02 秒)
  • 千登世が階下へ用達しに下りて行くとさんこはれよとばかり手荒く障子を閉めて家鳴りのするやうな故意の咳拂ひをした。 ...
  • どちらが痛もうがこわれようが構わない。 ...