段段田

4 の用例 (0.00 秒)
  • 五月雨の水を湛えた段段田は、それぞれの水面に早苗の緑を映している。 外村繁『澪標』より引用
  • 坂道の両側は段段田である。 外村繁『澪標』より引用
  • しかし段段田が遠く傾いて行くにつれ、早苗の緑は次第にその間隔を失い、山裾の方は緑一色で、つまり緑裾濃みどりすそごの大景観が展けている時もある。 外村繁『澪標』より引用
  • 小区劃にくぎられた段段田が、幾層にも重なり、所どころ、森や疎林に遮られてはいるが、自ら立体感のある、広闊な傾斜となって、村山平野に連っている。 外村繁『澪標』より引用