殴る

全て 動詞
1,277 の用例 (0.01 秒)
  • たいていはあの娘のほうで殴られるようなことをしてるわけなんだけど。 セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(下)』より引用
  • それで、お前が必ず俺を殴るにちがいないようなことを云ってみたんだ。 石坂洋次郎『陽のあたる坂道』より引用
  • この修行のあいだに次郎兵衛は殴りかたにもこつのあることを発見した。 太宰治『ロマネスク』より引用
  • 身体がいうことを聞いたら、たとえ敵わなくても一発ぐらい殴っている。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、発情中につき』より引用
  • これを使ってなぐられなかった程度には友情というものは存在したらしい。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第12巻』より引用
  • 私はそれまで、殴り合う喧嘩などほとんどしたことがありませんでした。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • このタイプは拳部分に相手を殴るためのスパイクをつけたものもあった。
  • アザミを殴っておいてなんでそんな顔をできるのか不思議に思いました。 宮谷シュンジ『絶望の世界 1光と影の世界 ~僕の日記・迷走編~』より引用
  • 嫌なら蹴るか殴るか爆発するか頭突きするか逃げるかなにかするだろう。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第10巻』より引用
  • 私が韓国にいたころも、夫が妻を殴る姿は日常茶飯事のように見られた。 呉善花『恋のすれちがい』より引用
  • 相手を殴り殺してもいいと思ったし、逆に殴り殺されてもいいと思った。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 服部を殴ったあの瞬間、省介は確かに自分の身体の内にその音を聞いた。 鷺沢萠『海の鳥・空の魚』より引用
  • 動物でも人間でも、言って聞かないやつは殴ってでもしつけてやるべきなんだ。 谷川流『涼宮ハルヒの溜息』より引用
  • 邪魔されずに、自分の皮膚かわを殴られるのに慣らすわけにはいかんのかね。 佐藤正彰訳『千一夜物語 06』より引用
  • よくよく考えた末、ぼくは素直に殴られて時間を節約する道を選択した。 桜坂洋『All You Need Is Kill』より引用
  • お前を殴った時のことだけどね、と祖母が前触れもなく話し始めたのだ。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖1 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』より引用
  • 彼らは、わたしを殴った裸の男のことを、あなたがたに話したでしょう。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • だけど寝て起きたら、私を殴ったりしたこと、覚えてないみたいなんだ。 椹野道流『鬼籍通覧4 隻手の声』より引用
  • そいつ、酒飲んだときに近くにいる奴には、誰だって殴りかかるんだよ。 椹野道流『鬼籍通覧4 隻手の声』より引用
  • もうこれ以上、殴られることはないと思うと、急に痛みがひどくなった。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第02巻』より引用
  • 次へ »