殴りつける

全て 動詞
331 の用例 (0.00 秒)
  • かえされた手の動きと音は、まるで鉄のかたまりを殴りつけたみたいだった。 小川一水『グレイ・チェンバー』より引用
  • 宙吊りにされたこの状態では、もう逃げる事も殴りつける事もできない。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 鎧の様な体を持ち、主に篭手の部分を分離して殴りつけて攻撃してくる。
  • 話し終わると、父は無言のまま耳から血が出るまでぼくを殴りつけた。 遠藤徹『姉飼』より引用
  • そんな私の視線に気付くと、奴はその顔を更にゆがませて殴りつけてきた。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • まるでなぐりつけるかのように龍華の手の鳥籠とりかごが狸に向け振り下ろされた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • 数時間前に、いやというほど殴りつけられた衝撃が、まだ尾を引いていた。 荒俣宏『帝都物語2』より引用
  • とりあえずは、と泣いている娘をにらんでいる男たちの頭を殴りつけた。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • そして私はどうしてこいつを殴りつけたり大声を出したり出来ないのだろうか。 内田春菊『ファザーファッカー』より引用
  • 君が野球バットで力まかせになぐりつけても、怪我さえさせられないんだ。 E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • それだけ聞くと、私はいきなり上田の頭を拳銃で殴りつけて昏倒させた。 大藪春彦『名のない男』より引用
  • マーカムは身体を前にのり出して、怒りをこめて片手で机を殴りつけた。 ダイン/井内雄四郎訳『ベンスン殺人事件』より引用
  • どうしたというのだ、何だというのだと、壁を殴りつけたいくらいだった。 乃南アサ『躯(からだ)』より引用
  • 最初に殺した方は、あの警察署の取調室で自分をなぐりつけた男だった。 賀東招二『フルメタル・パニック!08 燃えるワン・マン・フォース』より引用
  • デトレフは拳でなにかを殴りつける音をききつけて、そこに着いたのだ。 ヨーヴィル『ドラッケンフェルズ』より引用
  • 僕は小学生の仲間のだれかを殴りつけてそれを奪わねばならないだろう。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • パーンは左に回ってそれをかわすと、左手のたてで相手の顔をなぐりつけた。 水野良『ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上)』より引用
  • 手を貸そうとしたカークは、いきなり背中を警備兵に殴りつけられた。 ロッデンベリイ『スター・トレック6/未知の世界』より引用
  • 叫び出したいような、いや、相手を殴りつけたいような気分になった。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 今はまだ、とっさの場合になぐりつけるだけの力が出ないかもしれない。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第02巻 あまい罠には気をつけて』より引用
  • 次へ »