残して全焼

14 の用例 (0.00 秒)
  • 内部は1階の一部を残して全焼し、当時働いていた28人の職員は全員死亡した。
  • 奇しくも同年、バンクーバー大火に合い、2つの建物を残して全焼した。
  • 明治14年には再び山門など一部を残して全焼した。
  • 城内には旧国宝の白亜の天守をはじめとする多数の国宝や建築物などがあったが、岡口門など数棟を残して全焼した。
  • 水戸における有力な呉服商として栄えていたが、第2次世界大戦時の空襲で蔵を残して全焼した。
  • 本堂裏には戦前まで宮本武蔵作と伝えられる庭があったが、1945年7月の大空襲によって雲晴寺は山門を残して全焼し、庭も戦後復興の過程で埋められた。
  • また、事故直後に空港の消防隊が出動し消火活動を行ったが、機体は尾翼を残して全焼し、滑走路には機体の残骸とともに犠牲者の無残な遺体が散乱していたという。
  • 大正14年に再建されるが、昭和20年、空襲により壊滅的被害を受け、赤穂浪士の墓を残して全焼した。
  • 戊辰戦争の際に南部氏が大軍で攻めてきたため、城は大館城代の佐竹義遵が自ら火を放ち、堀などの遺構を残して全焼することになる。
  • そして、1936年3月6日、火災によって外壁を残して全焼して、オペラ劇場としての機能を停止したのである。
  • 前身の高知県師範学校から引き継いだ高知市大膳様町の校地を使用したが、第二次世界大戦末期の1945年7月、高知大空襲で講堂を残して全焼した。
  • 前身の岡山県師範学校から引き継いだ岡山市門田の校地を使用したが、第二次世界大戦末期の1945年6月、空襲で鉄筋校舎1棟・寄宿舎1棟・食堂を残して全焼した。
  • 中国海運局があった福屋本店ビルは、爆心地からおよそ710メートルの距離にあり、建物は骨組みと外郭を残して全焼し、中国海運局の職員19名が死亡した。
  • 前身の静岡県女子師範学校から引き継いだ静岡市沓谷の校地を使用したが、1945年6月の空襲で、塀と同窓会記念館を残して全焼した。