殆ど見分けがつか

6 の用例 (0.00 秒)
  • それらの多くは羽根を隠してしまえば普通の人間と殆ど見分けがつかない。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • 髪や肌の色は地球人類とは違う緑や青などの色を持つ者もいるが、共存の時代には地球人類と殆ど見分けがつかないものもいる。
  • それは服装の似通つてゐるのと同じやうに身ゆるぎもしない立姿のために、ちよつと見たところではどこの誰だか殆ど見分けがつかなかつた。 田畑修一郎『医師高間房一氏』より引用
  • 顕微鏡下では真正細菌鞭毛と殆ど見分けがつかないため、1990年代中ごろまでは両者は同一の構造とみなされていた。
  • 城址の遺構としては、曲輪、空堀や土塁の一部を確認することができるが、殆ど見分けがつかない。
  • 姿全体と言い、紫色に光る鱗と言い、十三個の斑点の並びまで、山女魚と鱒の子は殆ど見分けがつかない。 佐藤垢石『雪代山女魚』より引用