殆ど毎日

70 の用例 (0.01 秒)
  • この若い学生の甥は殆ど毎日友人を連れて来ては部屋に寝そべつてゐた。 原民喜『二つの死』より引用
  • 友達からも殆ど毎日消息があったが時には三日も五日も続いて来ないこともあった。 加能作次郎『恭三の父』より引用
  • 私は市村座の顧問に雇われて、ここからほとんど毎日下谷の二長町へ通った。 小山内薫『芝、麻布』より引用
  • 私は日本海沿岸に近い所に生れたので、幼い時から夏になると殆ど毎日のように海へ入った。 田畑修一郎『栄螺』より引用
  • それ以來、殆ど毎日のやうに、私は一體どんな人々に出會つたと思ひます? リルケ・ライネル・マリア『巴里の手紙』より引用
  • その以後も殆ど毎日のように尋ねて来る。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • リウマチの持病をもつ「伝さん」は殆ど毎日のようにここに来ているらしい。 今邑彩『双頭の蛇(「蛇神」シリーズ第3巻)』より引用
  • この道順はその日まで三年あまり、殆ど毎日のように私の通い馴れた道なのである。 横溝正史『真珠郎』より引用
  • 私は、こんど故郷へ帰ってから、殆ど毎日の位、鰍の鮮饌に親しんでいる。 佐藤垢石『魔味洗心』より引用
  • プログラムは殆ど毎日を埋めて居る。 江南文三『佐渡が島のこと』より引用
  • それが殆ど毎日の仕事である。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • こういう事はほとんど毎日あった。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • その見舞ながらに、姉のお北は殆ど毎日たずねて行く。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 私は目白の家で殆ど毎日巣鴨へ面会にゆきながら活ぱつに執筆した。 宮本百合子『年譜』より引用
  • 夜は殆ど毎日出かけていく。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 何が困難だと云つて、殆ど毎日顔を合はしてゐるコポオと口を利くぐらゐ困難なことはあるまい。 岸田国士『ジャック・コポオの印象』より引用
  • 川合の活躍をテレビで眺めながら、彼は、ほとんど毎日、ベッドに横たわっていた。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • 結婚当時は、殆ど毎日褒めていたといってもいい。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 殆ど毎日のように電話でやり取りをした。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 彼は以上の事をほとんど毎日欠かさなかった。 加能作次郎『恭三の父』より引用
  • 次へ »