殆ど姿を消し

10 の用例 (0.00 秒)
  • 江戸時代以降は天皇家以外では殆ど姿を消した。
  • 加えて、横書き時の右横書きは殆ど姿を消し、左横書きに事実上一本化された。
  • しかし伝説によってふくらまされた部分が大きくなって、歴史的な考察は殆ど姿を消していた。
  • 現在では迷彩服2型の採用で殆ど姿を消している。
  • 戦前は結構遊ばれたが、近年は殆ど姿を消している。
  • 回遊魚遡上回復は容易なことではないが、既に信濃川の西大滝ダムと宮中ダムにおいて環境回復のための河川維持放流を行ったところ一時は殆ど姿を消したサケが戻って来始めているという事例もある。
  • 今日では、汎用性が高く安価で高性能なパーソナルコンピュータや携帯情報端末の普及により、一般市場からは殆ど姿を消したが、一部のエンジニアや理系学生の間で使用されたり、工業高校の教育用教材として利用する市場があるため、現在も生産が行われている。
  • プラモデルへの切り替えで木製の組み立てキットが殆ど姿を消した結果、年少者の関心はプラモデルへと移ったが、各地のソリッドモデルクラブの多くは活動を継続した。
  • 初期のタミヤブランドイメージ作りに寄与した小松崎茂のボックスアートは、上記のボックスアート戦略の変更、商品の絶版に伴い現在のタミヤ製品からは殆ど姿を消している。
  • ブルーレイへの規格統一もあり、更に記録媒体の構造ではDVDと同等のEVDはセキュア面で脆弱ともいえるため、ハリウッドもEVDのサポートに消極的であり、中国国内の家電店からもEVD機器は殆ど姿を消しつつあるという。