死出の旅路

42 の例文 (0.00 秒)
  • どんな道かは知りませぬが、死出の旅路をずっと私がお供いたします。 ...
  • 敵であったものたちの死出の旅路たびじの安らかであることを、みなで祈る。 ...
  • その旅とは、死出の旅路であったのだということを、私たちは確信をもって言うことができる。 ...
  • 藤江の浦の、縄打たれ死出の旅路を行く人麻呂の姿ではなかっただろうか。 ...
  • 貴久子は両親の目から隠れて、ひっそりと死出の旅路の支度を調えていた。 ...
  • そんなものをもって、八津は死出の旅路たびじについたのである。 ...
  • せっかく死出の旅路のパートナーを見つけたのであれば、なぜ二人手を取り合って一緒に生きてみようという気にならなかったのか。 ...
  • しかし、そういう男でも、死出の旅路にたつ姿を見送ることは、悲しかった。 ...
  • 他にも故人を釈迦に見立てて、涅槃図の形式を取る場合や、死出の旅路を表すため旅姿で描かれることもある。 ...
  • わたしも、死出の旅路のお供をさせていただきます。 ...
  • このとき死出の旅路になくてはならない糧食、米、塩、干魚、ヤシの実などの入った袋を持たせてやり、キンマの葉を三口ほどつけてやることも忘れない。 ...
  • この受刑者はこの道のりが必ずや自分を死出の旅路に向かって導くに違いないものとみなした。 ...
  • 夫人はここは死出の旅路につくのにたいそうふさわしいとよろこび、非常な高僧であったこの寺の和尚にいった。 ...
  • ここまで死のモチーフが重なれば、この旅が、死出の旅路であったと断言してさしつかえあるまい。 ...
  • いや、死出の旅路に出る人間に食事をさせて、最後の供養をする、という発想もアジアにはある、と湧谷はおもった。 ...
  • また、死の床にある人は、死出の旅路につこうというのに、未払いの小額の勘定書のことなんかを気に病んだりする。 ...
  • 一カ月ほどで退院出来るから心配ないといってきかせたのだが、死出の旅路にでかける覚悟で出かけたらしかった。 ...
  • 次へ