死亡する危険

18 の用例 (0.00 秒)
  • こうすることで、怪我や、場合によっては死亡する危険を避けることができる。
  • そのため高度に専門的な知識と技術と設備を持たない者が合成を試みたところで、その合成過程で負傷・死亡する危険性が高い。
  • 発症後急性期には致死的不整脈が容易に起こり死亡する危険性が非常に高い。
  • ただし、もし現実に同盟国が核攻撃を受けた場合、アメリカが何千万もの自国民が死亡する危険を覚悟した上、核による報復という軍事的選択を行うかは別の問題である。
  • ときに横隔膜神経・延髄麻痺を生じて呼吸不全を起こし、死亡する危険が生じてくる。
  • しかし人痘法は、実際に天然痘ウイルスで感染させる方法であるため時には死亡する危険な方法であった。
  • これは暴動などの際に催涙ガスを使用すると呼吸器疾患のある者が重体となったり死亡する危険性があるため、これに代わるものとしての利用が期待されている。
  • 糖尿病を患っている人が心疾患により死亡する危険性は糖尿病を患っていない人より高く、その割合は男性よりも女性の方が高いと報告されている。
  • 至近要因としては雌が雄に抵抗すると体格差からして雌が負傷、あるいは死亡する危険があることを指摘し、そのためにそのような行動が進化しなかったと考えられている。
  • システムに屈した者は衝動のままに破壊を繰り返し、最悪廃人に至るか脳が耐えきれず死亡する危険性もはらんでいる。
  • 昔は爪切りが無かったために、爪切りは刃物を使って行われたが、夜の薄暗い中では、手許が狂いやすく怪我を、最悪の場合死亡する危険性がある為に親より先に死ぬとされた。
  • 防具として鉄製の鎧を着用すれば刀槍や弓矢から身を守ることができる半面、水に落ちた場合には重さのためにおぼれて死亡する危険があった。
  • さらに進行すると貯留した髄液のために脳幹が圧迫され、呼吸が止まり死亡する危険もある。
  • しかし、飛行中は不測の乱気流で機体が大きく揺れることがあり、乗客が怪我や死亡する危険を最小限にするには、乗客が常に立ち歩く状態は好ましくない。
  • 常人が搭乗すれば身体に激しい不調をきたし、死亡する危険性すらあるとされるのは、動力源として搭載されたセレスチアル・リアクターが原因である。
  • 沖縄では燻製のための食材として捕獲する折、素手で捕獲されることが多いが、毒性は強く、噛まれれば最悪の場合死亡する危険性もある。
  • 人間がヒポグリシンを摂取すると痙攣、昏睡、致死性の脳症などを誘発し、最悪の場合は数時間で死亡する危険性がある。
  • しかし、深海で機体のエネルギーが無くなりゲシュマイディッヒ・パンツァーによる耐圧とTP装甲が機能停止すると、水圧により機体が瞬時に圧壊し、パイロットが死亡する危険性がある。