死を契機

58 の用例 (0.00 秒)
  • 詩人の突然の死を契機として彼を称賛する数多の文学作品が出版された。
  • 彼女の死を契機として、軍が研究室を占拠し、軍事転用の研究を始めた。
  • しかし両者の関係は微妙なものであり、袁術の死を契機に崩れてしまうことになる。
  • 批評空間社も社長兼『批評空間』の編集者の内藤祐治の死を契機に解散した。
  • この作品は父の死を契機として父とのこと、そして自身のことを述べた自伝的作品になっている。
  • 高校に入学してからは、兄の死を契機に、医学部受験生となり勉強に集中した。
  • 官昌の死を契機に新羅軍は攻勢を強め、ついに百済軍は敗れて階伯は戦死した。
  • それまでは子供達を叱ることのあまりなかった母が、父の死を契機にひとつだけ変わったことがあった。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(下)』より引用
  • ポーランドの状況はピウツスキの死を契機に変わっていく。
  • 父の死を契機として、荷風の行動は自由奔放さを増して行った。 池田弥三郎『手紙のたのしみ』より引用
  • 荷風は父の死を契機にして、父のもっていた一面、即ち漢詩人禾原を新しく認識したといってよい。 唐木順三『無用者の系譜』より引用
  • この分析によって明らかになったのは、臨床医学とは人間の生ではなく、欠如そのものである死を契機として誕生したことである。 中山元『フーコー入門』より引用
  • 一希との接触せつしよくは、父の死を契機けいきに、どんどん希薄きはくになっている。 堀田あけみ『愛をする人』より引用
  • 島津家では道雪の死を契機に筑前進出を行なった。
  • 彼の死を契機にして、『山の屍』系列の作品は今後、書かないと声明すればよいのである。 森村誠一『山の屍』より引用
  • 大統領の死を契機に選んだ洞察力も、戦略も統率力も、今はタンジェロ側が上まわっている。 樋口有介『楽園』より引用
  • そして1971年、フィリップ・カモワンの父の死を契機に工場は閉鎖されることとなった。
  • 以後、しばらくは奈良に蟄居していたとされるが、順慶の死を契機に秀吉に出仕を命じられ、その家臣となっている。
  • 長男磐雄を養子に出した後、次男の昌司の死を契機に三島は、札幌独立教会の熱心な信者となった。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • 信玄の死を契機とする、予感のような気持であった。 咲村観『上杉謙信人の巻』より引用
  • 次へ »