歳前後

1,312 の用例 (0.02 秒)
  • 三十歳前後の男子が社会へ野放しにされるのはちょうどそれと同じ事だ。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 四十歳前後のことで、考えてみればはや二十年ばかりも前のことである。 上村松園『芸術三昧即信仰』より引用
  • 年齢は分かっていないが、当時は55歳前後であろうと考えられていた。
  • 楊君里の夫としては、六十歳前後の作家が最も可能性が大きいであろう。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 二人は中学生ぐらいの女の子で、もうひとりは二十歳前後の青年である。 井上ひさし『青葉繁れる』より引用
  • 中では六十歳ぐらいと三十歳前後の女性が二人でテレビの時代劇を見ていた。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 質疑応答の時間となり、最初に手をあげたのは三十歳前後の男性だった。 筒井康隆『恐怖』より引用
  • それによると、被害者は六十歳前後の男性で、身長一六〇センチぐらい。 泡坂妻夫『斜光』より引用
  • ドアの開け放たれた取調室で、三十歳前後の男がコーヒーを飲んでいた。 佐竹一彦『新任警部補』より引用
  • 髪の生え際が後退してはいるが、年は三十歳前後といったところだろう。 鈴木光司『リング』より引用
  • おめあては私ではなく、私が使っていた二十歳前後の秘書の娘だった。 近藤紘一『妻と娘の国へ行った特派員』より引用
  • が、一分もたたない間に、六十歳前後という感じの男が、姿を現わした。 源氏鶏太『停年退職』より引用
  • そこへ二十歳前後の若い僧が来て、棒を指南していると云うのである。 森鴎外『護持院原の敵討』より引用
  • 入って来たのは、五十歳前後の、少し髪の白くなりかけた紳士だった。 赤川次郎『名探偵はひとりぼっち』より引用
  • 一人は二〇代後半の若者、二人は五〇歳前後と思われる紳士ジエントルマンである。 小山慶太『科学者はなぜ一番のりをめざすか』より引用
  • 四十歳前後の他の日本人乗客は、借りてきた猫のようにかしこまっていた。 五木寛之『風に吹かれて』より引用
  • 四十歳前後という若さのせいもあるが、かなりの余裕もあったのだ。 星新一『きまぐれエトセトラ』より引用
  • 背中を向けているので年齢ねんれいははっきりしないが、おそらく二十歳はたち前後だろう。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • だから行方不明になったときが仮に六十歳としても、もう九十歳前後です。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』より引用
  • 慌てたように子供たちを押し戻そうとする女性だけが二十歳前後と思われる。 九里史生『SAO Web 外伝02 Four Days』より引用
  • 次へ »