歳で単身

18 の用例 (0.00 秒)
  • 中学卒業後15歳で単身上京し、高校在学中から芸能活動をはじめる。
  • 十八歳で単身、東京に出て以来の独り暮らしである。 内田康夫『斎王の葬列』より引用
  • 華族女学校卒業後の明治39年秋、19歳で単身渡欧して結婚する。
  • 公式プロフィールによると、東京のハイソサエティの家庭に生まれ17歳で単身ヨーロッパへ。
  • 根本的なテーマが誰も知る人のいない異国にわずか14歳で単身やってきた少女の孤独であることは、監督の前作の『ロスト・イン・トランスレーション』と似たものがある。
  • 父方の祖父は十六歳で単身佐渡から渡道した。 三浦綾子『塩狩峠 道ありき』より引用
  • 当初は福井県から東京まで通っていたが、交通費の問題から15歳で単身上京し、籍を置いている福井県の高校に通うため月に1度帰郷するという生活を送っていた。
  • 貧しいパン職人の子として生まれ11歳で孤児となり、17歳で単身アフリカに渡り苦労して金を稼いだ。
  • 二人の間に約束が出来、山田いとしは、二十一歳で単身小樽から浦塩に渡り、ハルピン経由で長春に向ったのである。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 地元の大道塾に入門し、19歳で単身タイへ飛びムエタイ修行を積む。
  • 大学卒業の1993年には就職せずに、何のつてもないまま22歳で単身香港に渡り、広東語を学びながらイエローページで捜した200社近くもの映画関連会社をまわる日々を送った。
  • このため16歳で単身満州・奉天に渡りサラリーマンをしながら1924年、大連実業団に参加し野球を続ける。
  • 千葉県出身、1907年に21歳で単身渡米し、1910年代に草創期のハリウッドで映画デビューして一躍トップスターとなった。
  • 小さい頃から歌やダンスが好きで小学5年から民族ダンスを始め、16歳で単身北京へ出てきてダンス、歌、演技のレッスンを受けていた。
  • 青春路線をやるという約束で東映にスカウトされたが、結局、青春ものは1本もやらずに、いやらしい題名の映画をやらせようとしたと、18歳で単身東映本社に乗り込み東映と契約を解消した。
  • 出生した時、すでに長女は養子を迎え結婚していたため、家系を継ぐ立場にはなく、尋常小学校を卒業後、17歳で単身、北海道に渡り、雑穀商の丁稚になる。
  • 東京都内の高校に進学したが、ベルトルト・ブレヒトに傾倒し、演劇を学ぶために1年生の時に中退、16歳で単身西ドイツのミュンヘンへ渡った。
  • ストープスはミュンヘン大学で知り合った藤井健次郎の帰国を追う形で、1907年、27歳で単身来日した。