歪める

全て 動詞
507 の用例 (0.00 秒)
  • そしてそれは私を通しての母への愛の一つの歪められた表現に違いない。 金史良『光の中に』より引用
  • しかしその気持ちが、犯人像をゆがめているのではないかとも思っていた。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • こんなことを提案するところが保護者なのか、と皮肉が口の端をゆがめる。 入間人間『電波女と青春男 第06巻』より引用
  • テレビの画面をじっと見つめたまま、彼は顔をゆがめるようにして笑った。 大石圭『飼育する男』より引用
  • そいつは顔を上げて俺たちを認めると、面白おもしろくもなさそうにくちびるゆがめた。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • 熱で空気が歪められるような揺らぎは、人の形をしているように見える。 葉山透『9S<ナインエス> 第01巻』より引用
  • つまり、あなたの神経が、死んだその男によってゆがめられていたんだな。 吉行淳之介『美少女』より引用
  • 時空を歪めるような馬鹿なことは出来ませんし、そんな力はありません。 酒見賢一『語り手の事情』より引用
  • 青ぶくれになって顔をゆがめている者もあれば、眠っているような顔もある。 三浦綾子『泥流地帯』より引用
  • 従ってそれはる程度、人間的誤謬ごびゅうによって歪められない訳には行かぬ。 モーゼス・ウィリアム・ステイントン『霊訓』より引用
  • 何かが、本当の彼女をゆがめて変えてしまっているんじゃないだろうか。 赤松中学『緋弾のアリア 第01巻』より引用
  • ダリアに連れられて入って来た米沢を見て、丈は思わず唇の端を歪めた。 大迫純一『ゾアハンター 02 ウリエルの娘』より引用
  • 顔をゆがめたかと思うと、小林さんをめ上げていた腕の力が一気にゆるむ。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用
  • すると、超意識的に憑かれた人のような乾いた笑いが彼女の顔を歪めた。 島田清次郎『地上』より引用
  • 嫌そうに顔を歪めて巧を見るが、巧はまったく気がつかない振りをする。 若月京子『トラブル・トラブル』より引用
  • リロイは目の前に飛び出して来たそれを見て、驚きと困惑に顔をゆがめる。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • 黒崎はそう言うと薄い唇を歪め、右手で奥の部屋に通じるドアを示した。 加藤実秋『インディゴの夜 全4話』より引用
  • 蔦代は唇を引きゆがめながら、涙にれぎらぎらと光っている目を上げた。 佐左木俊郎『恐怖城』より引用
  • わずかだけ赤くなったほおに手を当てて、玄冬げんとうさんがニヤリと口元をゆがめる。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第15巻』より引用
  • そこで彼は、わずかに口の端をゆがめるような微笑を、たっぷりとみせた。 森瑤子『ドラマティック・ノート』より引用
  • 次へ »