歪む

全て 動詞
689 の用例 (0.00 秒)
  • 彼との関係を保って行くために、佳美との関係がゆがんで行くのは悲しい。 堀田あけみ『愛をする人』より引用
  • 貴族の娘が傭兵ようへいになるのだから、本当にゆがんだ世の中になったものだ。 水野良『ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上)』より引用
  • いつもなら冷酷れいこくみを浮かべる薄い唇が、どこか余裕よゆうなくゆがんでいる。 喬林知『今日からマ王 第11巻 「めざせマのつく海の果て!」』より引用
  • なぜか、今ここにいることの、何かがどこかが歪んできているように感じた。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 修道服を見た嘉乃は、蛇に出会ったかのような歪んだ表情で顔を背けた。 姉小路祐『動く不動産』より引用
  • が、しばらくすると、青い、歪んだ顔を上げて、またその手紙を読んだ。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(1)』より引用
  • 子供特有のわずかに歪んだ文字だったが、はっきりと娘はそう書いた。 乙一『失はれる物語』より引用
  • ゆがんだ月に、指を円めてのぞき眼鏡していると、黒子ほくろのようなお月さん! 林芙美子『新版 放浪記』より引用
  • おあきの名前を聞いたとたん、文字春のきれいな眉がちょっと歪んだ。 宮部みゆき『天狗風 霊験お初捕物控〈二〉』より引用
  • 人間の形をしていながら、心のどこかは人間と違って歪んでいるんじゃないのか? 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • 空中に円盤形の波動が生じ、それが風景をゆがませながら、飛んでいった。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • その言葉を聞いたファナティオの顔もまた、一瞬ではあったが歪んだ。 九里史生『SAO Web 0404 第七章01』より引用
  • 雨戸のようなゆがんだとびらを開けると、ワアンと子供達の息が私にかかった。 林芙美子『風琴と魚の町』より引用
  • 魚眼効果で歪んだ廊下に立っているのは、間違いなく、新川恭二だった。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • たしかに性格はちょっと歪んでいるがそれほど悪いとはいわない。 亜瑠『3月の出来事』より引用
  • 他人との比較の中でしか、自分の安心を得られない、ゆがんだたましいの持ち主だ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録03 泥を操るいくじなし』より引用
  • 老魔術師の姿は見えなくとも、その面が醜悪に歪んでいる事だけは明白だ。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • ゆがんで流れる無数の映像と脈絡みゃくらくのない会話の切れ端が一気に押し寄せた。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • 父が手紙に落とした涙が、乾いて紙面を歪ませたからに違いないと思った。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 06 罪滅ぼし編』より引用
  • いや、違うものになったんじゃなくて、ゆがんで、遠くなったっていうか。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • 次へ »