歪む

全て 動詞
689 の用例 (0.00 秒)
  • こんなことを十五年もやっていたら、俺でなくても性格は歪んでしまう。 樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』より引用
  • こういう事情で作品を歪まされたのは、わたし一人のことではなかった。 宮本百合子『あとがき(『宮本百合子選集』第五巻)』より引用
  • その度にサチコの体が揺れ、彼女の顔が次第に歪んでいくのを私は見た。 吉村萬壱『ハリガネムシ』より引用
  • 赤ん坊よりも私の関心は苦痛に歪む人々の方に注がれていたに違いない。 高橋克彦『私の骨』より引用
  • 女の眉が苦痛と屈辱に歪んだのを見た瞬間、おれの中でなにかが弾けた。 垣根涼介『午前三時のルースター』より引用
  • 相手の剣が衝撃に耐えきれず、ゆがんだ音を立てて折れてしまったのだ。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • その顔はいかりにゆがんでいるのかと思われたが、そんなことはなかった。 水野良『ロードス島戦記 4 火竜山の魔竜(下)』より引用
  • しかし、自分の心が歪むほどに私は身勝手に女との絆を求めていました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • 残念だけど今の基準がゆがんでいるかどうかを立証することは不可能よ。 池上永一『レキオス』より引用
  • 暗いブラウン管に映っている、小さなゆがんだ自分の姿をぼんやり眺めた。 打海文三『時には懺悔を』より引用
  • おだやかだった顔が苦悶くもんゆがんだかと思うと、ゆっくりと目が開いてゆく。 水野良『魔法戦士リウイ 第02巻』より引用
  • そんな私の視線に気付くと、奴はその顔を更にゆがませて殴りつけてきた。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • 何世紀も前に死んだ男のゆがんだ執念しゅうねんが息づいているのが感じられたものだ。 山本弘『サーラの冒険 6 やっぱりヒーローになりたい !』より引用
  • そうして通り過ぎた道の多くは歪んでいて、行き先は離れていく一方だ。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 彼はそれを自分の能力だと思いこみ、ゆがんだプライドを抱いてしまった。 柘植めぐみ/北沢慶/山本弘『妖魔夜行 穢された翼』より引用
  • そのもの静かな問いに、警官は恐怖で顔をゆがませながらうなずくしかなった。 有沢まみず『いぬかみっ!03』より引用
  • 無理に笑おうとしたので彼の顔は更に歪んだようになってしまった。 高橋昌也『ガンダム・センチネル』より引用
  • 子供特有のわずかにゆがんだ文字だったが、はっきりと娘はそう書いていた。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • それは変に歪んだり、左右が逆な文字で、二千三十五年製造と記されていた。 苑崎透『トップをねらえ! ネクストジェネレーション』より引用
  • 僕は両手で少女の髪を鷲掴わしづかみにし、苦しげにゆがんだ少女の顔を見つめる。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • 次へ »