歩む

全て 動詞
1,974 の用例 (0.01 秒)
  • 更にはその布を生産する機械を生産する機械も基本型の発展形態を歩む。
  • これが本格的に歌手としての道を歩むきっかけのひとつになったという。
  • 子供を抱き、道へ出て歩き出したおはるから二歩ほど下って三冬が歩む。 池波正太郎『剣客商売 15 二十番斬り』より引用
  • もし大切にしたら、お互いにもっと別の人生を歩んでいたかと思います。 井上靖『星と祭上』より引用
  • でもこれからは台湾は日本と似たような道を歩むかもしれませんねえ。 田口ランディ『ハーモニーの幸せ』より引用
  • 歩むことを知るというには歩まずとも済むという可能性が含まれている。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • 歩むことを知るというには歩まずとも済むという可能性が含まれている。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • こんな人生の大道を真直ぐに歩まないのでは後のことは話しにならない。 倉田百三『女性の諸問題』より引用
  • 父達と似た関係をもつ二人の息子達は、いかなる道を歩んでいくのだろう。 大塚ひかり『源氏の男はみんなサイテー ―親子小説としての源氏物語』より引用
  • この勝利でウェスパシアヌスはローマ皇帝の道を歩むきっかけを作った。
  • これまで自分が歩んで来た道からも、遠く離れてしまったような気がする。 半村良『セルーナの女神』より引用
  • しかもその一本の白道を、歩んで行くには八通りの方法があるのです。 高神覚昇『般若心経講義』より引用
  • しかし父の反対にあい、父や祖父と同じく建築家の道を歩むことになった。
  • 今まで一度も失敗して来なかったし、これからも成功以外の道は歩まない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 幅が約五間ごけんの向う側を、東詰の方から歩んで来る老人に見おぼえがある。 池波正太郎『剣客商売 18 番外編 黒白 下』より引用
  • 彼はいつも私に、そうしたみちを歩まないようにと説得の手紙をくれました。 ドイル/延原謙訳『シャーロック・ホームズの帰還』より引用
  • あるいは也一も自分と同じ道を歩まねばならない宿命なのかもしれない。 児玉隆也『ガン病棟の九十九日』より引用
  • 中分校同様に設置者は遠山村で運営・生徒募集ともに困難な道を歩んだ。
  • もし彼と人生を歩んでいたら、わたしはどんなに幸福だっただろうと。 梅田みか『愛人の掟2』より引用
  • 多くの手法を使い独自の道を歩む国際的に活躍する現代美術家である。
  • 次へ »