歩く

全て 動詞
20,871 の用例 (0.02 秒)
  • たしかに岩の上であるのに、畳の上を歩いているような感じであった。 海野十三『大宇宙遠征隊』より引用
  • それともあっちこっち山の中を何かの御使おつかいに歩いているのかも知れません。 泉鏡花『薬草取』より引用
  • 声のする方を見ると、いつの間にか女房が私と肩を並べて歩いている。 海野十三『殺人の涯』より引用
  • 目的もなく歩くことができるとき、人の心にまだ健康が宿つてゐます。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • おとよさんは決して清さんといっしょになって歩くようなことはないのだ。 伊藤左千夫『隣の嫁』より引用
  • そんなことを考えながら廊下を歩いていると、後から呼ぶ者があった。 海野十三『戦時旅行鞄』より引用
  • 雪子の幽霊が廊下を歩いてこっちへきたというのに、その影も形もない。 海野十三『四次元漂流』より引用
  • この町の小供等は、二人の西洋人の後方についてぞろぞろと歩いていた。 小川未明『渋温泉の秋』より引用
  • あねしろはなしたからはなれて、自分じぶんまちほうあるいていきました。 小川未明『灰色の姉と桃色の妹』より引用
  • 私はなぜこの町では猫がこんなに我物顔に道を歩くのか考えて見たことがある。 梶井基次郎『交尾』より引用
  • 帰路かえりみちに向う子供等を送るために、岸本はそこまで一緒に歩くことにした。 島崎藤村『新生』より引用
  • うるしを光らせた自動車の車体は今こちらへ歩いて来る白の姿を映しました。 芥川竜之介『白』より引用
  • 自分のうちの何かが渾沌としていて思い惑う時、その廊下を歩くのです。 豊島与志雄『夢の図』より引用
  • 彼らは今日の我々が坐ったり歩いたりする仕方は夢にも知らなかったのである。 岡本かの子『仏教人生読本』より引用
  • 僕たちは皆な背をかがめてそのハムモツクの下を這ふやうにして歩いた。 芥川竜之介『軍艦金剛航海記』より引用
  • それならば彼はなんの為にこんなものを抱え歩いているのだろう。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • その長いみちを歩く度数は、女に対する愛情の複雑してくる度数であった。 田山花袋『田舎教師』より引用
  • 許されて出たものなら、堂々と町を歩いていてもいいはずではないか。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 彼は歩いて来た路が行き詰つたやうな気になつて歩くことを止めた。 田中貢太郎『黒い蝶』より引用
  • 暑さと疲れとで目のくらみかかった自分は今まで下ばかり見て歩いていた。 芥川竜之介『槍が岳に登った記』より引用
  • 次へ »