歩く靴の音

5 の用例 (0.00 秒)
  • あたりには、人々のつぶやき声や、足を引きずって歩く靴の音がしていた。 コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(上)』より引用
  • 二人の歩く靴の音だけが、規則正しく響いている。 国枝史郎『沙漠の古都』より引用
  • 室内をあっちこっち歩く靴の音を聞きながらたたずんでいると、扉が内からさっと開いて、吉岡五郎氏の美しい姿が燈を背にしてすらりと立っていた。 大倉燁子『情鬼』より引用
  • もう一度、今度は明らかにドアをあける音がして光がさし込み、すぐ消えるとプールサイドのコンクリートの上を歩く靴の音がはじまった。 半村良『闇の中の黄金』より引用
  • マロニエが裸になり、パリの空を重苦しい雲がおおい、石畳を歩く靴の音がかわいた高い響きを立てる。 福永武彦『風土』より引用