歩く速度を落とし

7 の用例 (0.00 秒)
  • ロレンスはやれやれとため息をついて、歩く速度を落としたホロのとなりに立つ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅷ 対立の町<上>』より引用
  • 歩く速度を落として小蓮の肩を抱き寄せた。 馳星周『不夜城』より引用
  • それはいちおう、もうしわけなく思うから、リディアは歩く速度を落としていた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第04巻 恋人は幽霊』より引用
  • やや歩く速度を落とし、ふいに語り始める。 吉野匠『レイン外伝 仄暗き廃坑の底で』より引用
  • ポウルがそれまでに見かけた出入口のどれよりも広いところが近づき、かれは歩く速度を落とした。 ハーバート『デューン・砂の惑星3』より引用
  • パーンは、馬の歩く速度を落としながら、全身の神経を集中して、周囲の気配を読みとろうとした。 水野良『ロードス島戦記 5 王たちの聖戦』より引用
  • 自転車を降りた直後はこんなにも興奮して我を見失っていたにもかかわらず、映画館の看板が見え始めるなり、ぼくはハッと我にかえって歩く速度を落とした。 原田宗典『家族それはヘンテコなもの』より引用