歩くように移動

7 の用例 (0.00 秒)
  • 腕のように大きく発達した胸鰭で、海底を歩くように移動する種類が多い。
  • 遊泳力は弱いが、胸鰭を使って海底を歩くように移動することもある。
  • 腹鰭と胸鰭が発達し、海底を歩くように移動する。
  • 著しく縦扁した特徴的な体は遊泳にはまったく不向きで、腕のように発達した大きな胸鰭を使い、海底を歩くように移動する。
  • 腹鰭を使って海底を歩くように移動するほか、本科魚類の特徴である大きな胸鰭を広げて海底直上を滑空するように遊泳する。
  • 遊泳時は胸鰭をたたみ、体をくねらせて泳ぐが、獲物を探す時は胸鰭を広げ、脚のように変化した胸鰭の軟条3対で砂泥底を歩くように移動する。
  • 頭部にトゲや骨質の隆起を備えたいかつい風貌のフサカサゴ科、指のような胸鰭で海底を歩くように移動するホウボウ科、頭部が平たくつぶれたコチ科、ぬるぬるした柔軟な体のクサウオ科など、その形態もまた多種多様である。