歩くよう

713 の用例 (0.01 秒)
  • ちょうどひとが昔そこで育った故郷の家の庭の中をさまよい歩くように。 モーパッサン/杉捷夫訳『シモンのパパ』より引用
  • 普通に外歩きたかったから、外歩くような恰好して出て来ただけだもん。 橋本治『桃尻娘』より引用
  • しばらく家の中に閉じこもっていたが、少しずつ町を歩くようにもした。 乙一『暗黒童話』より引用
  • まるで、ちゃんとした地面の上を歩くようなしっかりした足どりだった。 ウェルズ/赤坂長義訳『月世界最初の人間』より引用
  • その日、彼女は手を握りもせず、いつもより離れて歩くような気がした。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』より引用
  • そんなところにやつと歩くような子がどうしておりていつたものか。 小松和彦『神隠しと日本人』より引用
  • おとよさんは決して清さんといっしょになって歩くようなことはないのだ。 伊藤左千夫『隣の嫁』より引用
  • 加藤はしばしば先頭の宮村に声を掛けてゆっくり歩くようにいった。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 今日は店までは彼女が案内してくれるので 少し後ろを歩くように意識してた。 電車男『trainman2』より引用
  • エレベーターに飛び乗るまでの間、雲をんで歩くような気がしていた。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 姉ブリジェットが松葉杖をついて歩くようになる前に帰ってきてほしい。 ラム/平井正穂訳『エリア随筆』より引用
  • そして七日ばかりの後に歩くようになったが、まだ十足とは歩けなかった。 田中貢太郎『蘇生』より引用
  • 貴様が自分の信じる未来に向かって歩くように、我々もまた歩き続ける。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 坂道はゆっくり歩くようにするし、家のなかにいても階段では要慎ようじんする。 山口瞳『還暦老人ボケ日記』より引用
  • 女優はそう言うと雪の中を歩くような足どりで勝手口へ戻って行った。 半村良『石の血脈』より引用
  • 桑木は膝頭から力がぬけて、そこまで行くのに水の中を歩くようだった。 松本清張『虚線の下絵』より引用
  • 顔の色は真蒼になって、今年十九の若い者が杖をついて歩くようになった。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • 内藤も大戸も僅かに体を動かしながら歩くようにリングの中央に向かった。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 私は新宿に棲み、バーテンやテキ屋の友人たちと飲み歩くようになった。 寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』より引用
  • 腕のように大きく発達した胸鰭で、海底を歩くように移動する種類が多い。
  • 次へ »