歩くとき

338 の用例 (0.00 秒)
  • 部屋を歩くときに椅子やテーブルにぶつかって音を立てないためである。 モーム/田中西二郎訳『幸福』より引用
  • 愛は六組の集団からはずれ、廊下を歩くときも隼子にずっとついてくる。 姫野カオルコ『ツ、イ、ラ、ク』より引用
  • 白杖を持つ人は、歩くときには神経を白杖の先に集中させていることが多い。
  • 歩くとき彼女の胸がゆれるのは、ブラジャーをつけていないかららしい。 西村京太郎『21世紀のブルース』より引用
  • 歩くときはいつもそうするように、うつむきぎみに歩いているすがたを。 姫野カオルコ『ツ、イ、ラ、ク』より引用
  • 「あの児はお父さんとそっくりだ」と彼が街々を歩くとき人々は語った。 アンダスン/山屋三郎訳『ワインズバーグ・オハイオ』より引用
  • 小屋の下は四本の柱だけなので、塀の上を歩くときはその間を通ることができた。 田中哲弥『大久保町は燃えているか』より引用
  • 昼間でも、街を歩くときはせかせかと早足で行くのが彼の癖になっていた。 ジョイス/飯島淳秀訳『ダブリン人』より引用
  • 東京で道を歩くときは、人と目があわないように視線を落として歩きなさい。 石田衣良『波のうえの魔術師』より引用
  • なお、歩くときは常に糸を引いており、失敗しても地上に落ちることはない。
  • 警察署の長い廊下を歩くときは、いつも、言いしれぬ圧迫感を感じていた。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 街を歩くときには少しずつ体力が減少するので注意が必要である。
  • ワンピースの美しさは、歩くときに浮き出る体の線の美しさに比例する。 藤本ひとみ『華麗なるオデパン』より引用
  • 歩くときゅっきゅっ鳴って、みんなに見られて恥ずかしい思いをします。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • いつも思うのだが、こいつは歩くとき、地面を踏んでいるのだろうか。 菊地秀行『トレジャー・ハンター17 エイリアン黒死帝国 上』より引用
  • 私はもう大分前から、長男と歩くときはすべて彼に任せきりである。 尾崎一雄『暢気眼鏡』より引用
  • 歩くときも坐ってからも、イホレアンは見張人のように傍から一歩も離れない。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • 悟史くんなら歩くとき、ぺたぺたとした足音を聞かせてくれることもある。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • 女性客と歩くときは女性の前を歩いてはいけません。 東海林さだお『ショージ君のにっぽん拝見』より引用
  • 地上を歩くときは尾を高く上げ、樹上で食事するときなどは下に垂れ下げる。
  • 次へ »