歩くこと

2,257 の用例 (0.01 秒)
  • 案内板を見つけ、それほど遠くないことがわかったので歩くことにした。 森博嗣『四季 2 夏』より引用
  • 元々は、人や馬が1時間に歩くことができる距離として定義されていた。
  • お前のその可哀らしい光の下に、 高い山のを歩くことは出来まいか。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • 私はほとんど傷も受けなかったし、ピンと立って歩くことができたのだ。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 地上に戻ると、岩や木や棒の上をまわって歩くことが彼のしごとになった。 フレーザー/青江舜二郎訳『火の起原の神話』より引用
  • 三人の婦警は、今までに、女が襲われた場所の近くを歩くことになった。 西村京太郎『恐怖の金曜日』より引用
  • と云って、東京の者は少しも歩くことがないというのではありません。 豊島与志雄『香奠』より引用
  • ぼくは何時間も誰にも会わない地上を長い間歩くことにも慣れている。 ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • 新聞の山のおかげで、どちらの方向にも二歩以上歩くことは不可能だった。 マッカラーズ/河野一郎訳『心は孤独な狩人』より引用
  • そうすれば不満はなくなって、あなたは別の道を歩くことができましょう。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • 目的もなく歩くことができるとき、人の心にまだ健康が宿つてゐます。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • しかしながらやや困難ではあるが、後ろに向かって歩くことも可能である。
  • こんなに、何かに追われているように、急いで歩くことはなかったのだ。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • 帰路かえりみちに向う子供等を送るために、岸本はそこまで一緒に歩くことにした。 島崎藤村『新生』より引用
  • 立つことができないくらいですから、もとより歩くことはできません。 坪田譲治『日本むかしばなし集 3』より引用
  • 美術館びじゅつかんからの帰り、市内まで電車で戻り、駅から家まで歩くことにした。 岩田洋季『月の盾』より引用
  • いまのわれわれにとって最高の道はこの名流の岸をどんどん歩くことです。 セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(下)』より引用
  • 従った方が良さそうな雰囲気ふんいきなので、真九郎は紫と並んで歩くことにする。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • 半年前まではまだ話もしたし、一人で立って歩くこともあったんだ。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える1』より引用
  • 地に足のうらをつけて歩くことだけは全くあぶなげのないことを知っていた。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • 次へ »