歩くうち

233 の用例 (0.00 秒)
  • ロックハートの部屋に向かって歩くうちにあたりが闇に包まれはじめた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • 噛まれたら百歩歩くうちに死ぬとされ、台湾では百歩蛇と呼ばれている。
  • 公園に沿ってひたすら歩くうちに、徐々じょじょにあたりの緑が深くなってくる。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • 空を見あげて歩くうちに、わたしは間もなく観音崎の灯台に着いてゐた。 牧野信一『或るハイカーの記』より引用
  • しばらく歩くうちに、橘を落ち着かなくさせるものが視界の隅で動いた。 原登『村 の 名 前』より引用
  • 他愛ない会話を交わしながら歩くうち、森はどんどん深くなっていった。 九里史生『SAO Web 外伝02 Four Days』より引用
  • 地下鉄を降り、しばらく歩くうち蓮見はおもいがけないものを発見した。 宇神幸男『神宿る手』より引用
  • 天気がいいので、しばらく歩くうちにセーターの下の肌が汗ばんできた。 片山恭一『雨の日のイルカたちは』より引用
  • 歩くうちに足が冷えてきたので、ゆかりはヒーターのスイッチを入れた。 野尻抱介『ロケットガール 03』より引用
  • 疲れ切ってとぼとぼ歩くうち、出てきたのは上野広小路の教会の前である。 日本経済新聞社『私の履歴書』より引用
  • タクシーを降りて、ゆっくりと歩くうちに、体調は少しずつ回復してきた。 盛田隆二『サウダージ』より引用
  • ムーンロードと呼ばれる目抜き通りを歩くうちに一軒の屋台を発見した。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 03 5121小隊 決戦前夜』より引用
  • 薄暗い住宅街を歩くうちに三人は自然と言葉数が少なくなった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 11 5121小隊の日常II』より引用
  • マンションまでの一駅を歩くうちに、いくらかでも気持を切り換えなければ。 浅田次郎『姫椿』より引用
  • 歩くうちに道は上り坂となり、川と地面の高さが離れて崖のようになったところがある。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • 歩くうちに日は暮れきって、東西の両国も花火玉のような灯を放っている。 樋口有介『船宿たき川捕物暦』より引用
  • しばらく歩くうちに後方に気配を感じたので、立ち止まって煙草に火をつけた。 森博嗣『捩れ屋敷の利鈍』より引用
  • 歩くうちあのにおちぬ怪しい男の姿をみとめた黒岩まできてしまった。 ドイル/延原謙訳『バスカヴィル家の犬』より引用
  • ふらつく足で奥へと歩くうち、何かにつまずいて派手に恵んでしまった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 14 山口防衛戦3』より引用
  • 敷地に沿ってぼんやり歩くうちに、市場の中は完全な無人でないことに気づいた。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • 次へ »